Maple Garden ☆ Begins!

ガーデニングビギナーダイアリーは新タイトルに。 相変わらず雑草に負けないガーデン作り。

庭木

大手毬【2013版】

250116バービナム01


青空がまぶしー 2013年の大手毬は花つきも満点でした。

250116バービナム02

庭の一番奥の東北側に植えてるので、後ろからのアングル。

春はホワイトガーデンの主役にモッテコ〜イってやつです。

北側のスペースに白を基調とした
日陰に強い植物で植栽を考えたいところ。

この逆光に映える白が、すごく好き。

実際ウチのその部分はまだ未開発。
草刈だけして放置してある。


大手毬のお手入れは、主に剪定が中心になる。
激しい刈り込みには耐えられない。
コツは、込み合った枝や樹形を乱す枝を、
よーく見た上で幹の付け根から潔く“ばっさり”と切り落とす。
中途半端な場所で切ると底から放射状に枝が伸びるので要注意です。

放任していると、根元も樹高も、モリモリと成長してかなり大きくなるので、
庭でスマートに育てたい場合は、樹形を意識して整えることが大事かな。

花が終わってから伸びる徒長枝(葉っぱしかつかない)に、
翌年短い花枝がついて、翌々年に花が咲くきます。

花枝は3年ぐらいで太い枝が分かれたところから切り落として更新するといいみたい。

あんまり花が付き過ぎると、重みで枝が垂れ下がるので、
その辺も考えて…やっぱり剪定かな?

とても丈夫で育てやすいですよ。剪定してもほとんど弱らないし。耐寒性も強いし。

挿し木でも増やせることで、近所の庭には必ず一本はある大手毬。
花期は桜が終わったころ、遅咲きの水仙や雪柳、レンギョウなんかと同じ時期です。















Azalea

92 Azalea


092-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいながらもAzaleaが満開です。 カーマイン色のツツジ。五月雨の後はとくに色が鮮やかで素敵に見えます。 このツツジは、本当に小さくって株張りが20センチ樹高も25センチぐらいのオチビさん。花も小さいんですよ。4センチぐらいでしょうか。成長がゆっくりで、庭に定植してからもう4年近くになります。 

おチビさんすぎて、いつも植栽を考えるときには思考から無視されてしまう子なんです。(ごめんね) でもこの時期だけは、濃い緑の葉と素晴らしいコントラストを見せて、存在をアピールしています。(がんばれ〜)

カーマイン(赤)は、主張が強すぎて、庭に使う色としては好きではありません。刺し色として使う程度にしています。まだ庭の植栽も充実していないので、ちょっとの存在でも充分目立つんですよね。今はカンカン照りの場所に植えていますが、そのうち半日陰の方へ移動しようと思ってます。

ウチの庭ももう少し木陰を作れるように工夫したいですね〜。好きな宿根草が好む場所が日当たり〜半日陰が多いので、どうするか検討しています。

時間だけはたっぷりあるので(お小遣いは少ないけど)ゆっくり考えたいなぁ。

  • 分類 ツツジ科 ツツジ属 
  • 開花時期 4月〜6月 
  • 樹高100センチ〜200センチ 
  • 耐寒性 強い 
  • 植える場所 日当たりから半日陰 
  • 土 肥沃で水はけのよい土 
  • 定植 秋

 

 

 

 

 

 

 

オオデマリ

91オオデマリ


091-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に小さい苗から育てたオオデマリ。今年で4年目の春を迎えました。

まん丸の真っ白い花が、いっぱいです。

ご近所の庭のオオデマリも満開でコボれそうなくらいタワワに咲いていますよ

高さは2〜3メートルになるようです。5月後半から6月にかけて、球形に小花を密集させて咲きます。アジサイに似ていますよね。咲き始めは薄い緑色。そこから少しづつ白く咲き進んでいきます。薄みどりの時期も綺麗で大好きです。

近所ではこの花木をシンボルツリーにしているところがあります。この時期は見事です。ここの気候に合っているのか、あっちこっちで花盛りです。 今後の剪定の参考にしなくてはと思って枝ぶりなんかを気をつけてみるようになりましたよ。 うちのは株立ちになっているので、成長するとボリュームが出そうです。下草も合いそうなものを検討中。ゲラニュウムなんかいいいかなぁ?

  • スイカズラ科 落葉低木 
  • 原産地 日本 
  • 植える場所 肥沃で湿り気のある土。やや半日陰を好む。
  • 耐寒性 耐寒性高い。−30℃
  • 繁殖 挿し木。 
  • 施肥 1月中旬〜4月(寒肥)5月、9月に。
  • 剪定の適期 11月〜3月。剪定後の枝の先端に花芽をつける。花後は軽く切もどし、成長が緩やかなため深く切らないようにする。

 

 

桜・再び

88 桜・再び


088-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家の入り口にある桜の樹。先日紹介した「記念樹」はソメイヨシノでしたが、こちらはまた別の品種。葉っぱと花が一緒に出て、ソメイヨシノが散ってしまった後に満開になりました。

この樹は割とスレンダー。でも樹高は十メートル以上ある大木です。

根元のヒコバエから頭の先まで、見事な咲きっぷりで、二階の窓からから感嘆して見上げるほど。        ほぇ〜っ綺麗なり〜(^▽^)

ここに来て初めてこの桜の樹が満開になったのを見ました。て、いうか、ここに桜があったこと事態、あまり意識していなかったんです。…実はそのくらい、花つきのよくない樹なんです。たぶんこの樹の後ろにぴったりと寄り添い、鬱蒼と茂るカラ松が影響しているのではないかとお爺ちゃんは言ってますが…。

カラ松は隣の土地の境界にあって、全然手入れしていないので、ウチの出入り口に覆いかぶさっております。一度旦那がお願いしたら、憮然と断られたそうで…困ったもんです。(声にならない声…うりゃーっっせめて枝払いぐらいしろ!)

さて、今年はタクサンの庭木が我が家に仲間入りしました。その中に桜も(ソメイヨシノ)。桜の若苗だけで、4本。計6本のソメイヨシノを今後見守ることになります。桜で簡単な防風林が出来ればいいですよね〜。家の側には一本木バイパスが出来る予定で、そこからばっちり見える場所に桜を植えましたよ。

立派な大木に育ってくれれば、何にもない荒れた牧草地の景観の向上に役立ってくれるかも…と期待して。

(いつか、カラ松の枝払いが出来ることも合わせて願いつつ…) 

 

 

 

雪やなぎ

84雪やなぎ


084-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の庭で春一番に咲く花。雪やなぎ。ここにやって来る前は、姉の家に。その前は姉の旦那の実家の庭にあったもの。大きくなり過ぎて持て余してしまったらしく、周りまわってここに来ました。

植えた時は、何にもなかった庭。どれほどこの雪やなぎの存在に救われたことでしょう 大きい株なだけに、咲きっぷりも立派なもんです。ウチに来て実に延び延びと、さらに成長し本領発揮しています。

柔らかな日差しの中、風に揺られる姿は、まさに“春”を謳歌してます。

岩手山の残雪にも鷲の羽根の模様が出てきて春本番です。野菜の種まきもそろそろかな。

雪やなぎ、風にゆられて、ほんのり甘い香りがします。

今だに春のお花を植えていない花壇。充実してくるまでにはだいぶ時間がかかりそうだけど、それまで「春の主役」は貴女。これからも宜しくお願いしますね

084-02

 

咲く・LOVE

83 咲く・LOVE


083-01

 

 

 

 

 

 

 

巷の桜が散りかけた頃、やっと咲き出す我が家の桜。この桜は、植えて7年目。私が嫁いだ一年目の春に、「記念樹を植えよう。」と旦那が植えてくれたんですよ まだ若い木ですが、樹高6m位になりました。花もタクサン付けてくれてこれからが楽しみな樹です。

なんでも、義母も嫁いだ時に栗の木を植えたそうです。今や我が家のシンボルツリー。冬は風よけに、夏は木陰を。秋は美味しい栗の実を。いつもそこにいて見守っているまさにマザーツリー。

なんか、記念樹っていいですよ。その樹に負けないように、頑張ろうって思えるんです。どこの桜より満開の様子を毎年楽しみにしています。

コブクロのSAKURA。

私の中にもあるかな。いつも忘れてしまいそうになるけど…

咲く・LOVE

冬の寒さを超えて

また一つ大人になりましたよ(^ー^)

 

Profile
お庭づくりの参考にお勧め。
素敵なブログがいっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

  • ライブドアブログ