Maple Garden ☆ Begins!

ガーデニングビギナーダイアリーは新タイトルに。 相変わらず雑草に負けないガーデン作り。

宿根草(日当たり)

サルビアネモローサ“スノーヒル”2013

250114サルビア01

2013のニューフェース サルビアネモローサ“スノーヒル”

庭植えで二株取り入れてみました。

草丈が、前から植えてある
ブルーキャットミントと同じぐらいでバランスがいいです。

花期も6月〜8月ごろまで咲きます。
切り戻すと三回ぐらい咲きますね〜。

真夏でも株が緑でイキイキ(☆゚∀゚) 存在感がうれしいです。

250114サルビア02

プチトリアノンの足元に植えてます。
花期が揃うのもいいでしょ〜('▽'*)ニパッ♪

サルビアは耐寒性が-12度ぐらいのもが多いんですが、
ネモローサは-20度までOK( ̄ー ̄)ニヤリッ
北海道なんかでも元気に冬越ししてましたので、
ウチでも大株になることを期待してます。

茎が黒褐色で紫色の花を咲かせる、
ネモローサ‘カラドンナ’も今年は取り入れてみようかと思っています。
最近、ガーデニングの雑誌にも
多く紹介されるようになりましたよね。
シックで鑑賞時期が長いのもいいです。

“おぎはら植物園”よりネットで入手。
ここのサイトは育成栽培の情報が豊富で面白いですよね。
ココまでの送料が高いので姉の分も
一緒にまとめ買いしたりして工夫してるんですが…
今年もお世話になろうかな(o^∇^o)ノ




サルビアネモローサ“スノーヒル”

花期;初夏
草丈;40cm
耐寒性;ー20℃
耐暑性;強
日照;日向
原産地;ヨーロッパ


ブルーキャットミント2012

2410901


こんもりとまとまり良く咲くブルーの花は、花期も長くて、
丈夫に育ち毎年初夏の庭を彩ってくれる。

ブルーキャットミントとの付き合いは長い。
最初に植えた宿根草の一つで、数少ない生き残りでもある。

草丈は30センチ〜40センチでバラの足元にもおススメだ。

梅雨の季節に入る頃、半分まできり戻し、ムレを防止。
お盆のころまでに復活して花をつける。
その後は間延びしてくるので、再度1/3ほど残してバッサリ切る。
すると、九月下旬にはまた花を咲かせる。

葉っぱもちょっとシルバーっぽい綺麗な色で、花がない時も楽しめる。

宿根草の中には、春咲いても葉っぱが夏には弱ってしまうものもあるし、
耐寒性があるはずなのに二年ぐらいで消えてしまう残念なものも多い。

雪が降るまで葉っぱに存在感があり、株の寿命が長い
ブルーキャットミントは私の庭には欠かせないものだ。

今はもっぱら花壇の縁どりに使っている。

2410902

調べみると、ブルーキャットミントは仲間が実に多い。

今年は、◎ら倶楽部で投売り同然のものを入手。
(管理状態が超よくないもの)


同じものを買ったつもりが、やっぱり微妙に違う。

葉っぱの色は黄緑っぽいやつ。レモンのような香りがするやつ。
草丈が80センチぐらいになるやつ。花が大きいやつ。
花の色が白いやつ(ブルーと書いてあったのに)
などなど…

気がつくと、キャットミントと名打たれたものが、
コレクションのように増えてしまった。

来年もまた、買い足すつもりだが、
ラベルは捨てないようにしよう。

仲間や交配種がこれだけ多いと、
あとで調べようにも、一仕事だ。

せっかく、ブルーキャットミント○○○○がたくさんあるのだから、
ひとくくりにしておくのは、もたいないよ。







ユーホルビア・ポリクロマ

24524
 
新緑の庭に、明るい光が差し込んだように咲く
ユーホルビア・ポリクロマ

派手う色彩ではなくて、景観になじむナチュラルなイエロー。
株もコンモリ丸く茂って、あまり乱れないので、鑑賞期間が長い。

茎を切ると白い露が出る。
コレを素手で触ると、私はひどいカブレを発症することに…。
ビクビクしながらもゴム手必須でお手入れしてる。

そんな手間も、煩わしく思えないほど、魅力的(^_^)ニコニコ

耐寒性が高くて、丈夫なのもイイね

今は二株だけ。あの白い露さえなければ、
ビクビクしないで、もっと増やしたいところ。

ユーホルビアの「ウィルニー」とか、「ブラックバード」も大好き
モロ渋好み 超クール
どちらも耐寒性がマイナス15度ぐらい。
うーん…ぎりぎり微妙〜
ココは冬の最低気温がマイナス12度〜18度。
苗キャップとパオパオと落ち葉マルチで乗り越えられるか試してみたいな


ユーフォルビア ポリクロマ
トウダイグサ科 宿根草(耐寒性多年草)
花期 : 春〜初夏 
草 丈  : 50cm前後
 耐寒性 : 強 
耐暑性 : 強  
日 照  : 日向〜やや半日陰

ブルーキャットミント&アンティリヌム・レモンシャーベット

六月の宿根


ブルーキャットミントは、植えてから7年間、
毎年かならず咲いてくれる優秀な宿根草。
8月のはじめにちょっと切り戻してあげると、
秋にはまた花が見られるんですよ。
三株以上でまとめて植えると
ボリュームがでて綺麗な植栽になります。
花壇の縁取りにぴったりなプランツです。
ぱっと見、ラベンダーのようにも見えますが、れっきとしたミント。
兄弟も多くて、同じ種類だと思って手に入れたはずが、
全然ちがいました〜なんよある話。
ウチはそれでキャットミントのコレクションが増えています。

後ろのは、アンティリヌム・レモンシャーベット 宿根性のキンギョソウ。
これも切り戻すと秋まで咲いてくれるとってもイイ子。
キンギョソウといえばとっても繊細で、蒸れに弱いかと思いきや、
かなり根張りがしっかりしているので、手がかからなくて丈夫なの。
側にクレマチス・アラベラを植えて爽やかなコントラストが夏らしくて大好き。

梅雨に入って三日目。せっかくバラが咲き出したのに…雨が続いてすごく残念。
やっぱり例年より咲くのが遅いよね。
だってまだ一番花が咲き始めたばっかりだもん。
暖かい地域ならバラの季節は短くても一ヶ月はあるのに、
夏至がきてもまだ咲かないんだから…北海道なら寒くても梅雨がないから羨ましいわ。

岩手はこれだから蒸れに強い植物でないと、
日照不足と多湿で最悪腐る。(冗談じゃないよ。マジで。)
花壇の土の環境もさることながら、
植栽の適正もしっかり見極めなくちゃね。

都忘れ

110都忘


110-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑中お見舞い申し上げます。

盛岡さんさ踊り も無事に終わり。盛岡近辺もやっと真夏日がやって来るようになりました。 急に暑くなったものだから、ちょっと体調が優れません(@△@)

庭の花は、茂みになりかけていたので、大分切り戻しを行いました。花は少ないんだけど、少しスッキリ。ジリジリした日差しに耐えて秋の準備を始めているようです。

7月はグズついた天気が続いたため、春に蒔いたメランポディウムの成績がよくありません。種まき頑張ったんだけど、苗を買ったほうが、楽しめたかもね〜。結果が天候の変化で意図も簡単に左右されることを実感しています。

さて、上の写真は「都忘れ」です。ビビットな色の花が多い中、清楚な水色の花を長い間さかせてくれます。この写真は6月の撮影なので、アルケミラモリスが背景になって、爽やかなコントラストを作ってくれています。 この後ろに、ピンクのキャットミントなんかあると、植え込みが充実しそうですね。

  • 都忘れ
  • 開花時期 6月〜8月中旬(北東北)
  • 草丈 70センチ程度
  • 特性 耐寒性 多年草
  • 植える場所 日当がよく 肥沃で水はけのよい土
  • 株分けで良く増えます。

ブルーフロックス

109ブルーフロックス


109-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月に入って、綺麗に咲いてくれたブルーフロックス。涼しげで、綺麗なこの花は夏の庭に欠かせない存在です。パステル系の色が多くなってしまったので、濃いめのブルーで上手く引き締めてくれています。香りもいいんですよ〜。フロックスの白よりは穏やかな香りです。大きな房咲になる割りには茎が細いので、降水量が多かったり、風が強かったりすると倒れてしまいます。しっかり支柱を立てて保護してあげることが必要です。

明日からは8月突入ですね。今年はちよっと涼しくない?そろそろ暑くなるのかしらね〜。ウチの居間ま出窓の前は、それは見事な「ライステラス」----私が勝手にそう呼んでいる、他の家の田んぼ…ともいう。-----も、青々として風になびく姿に…夕涼みに最高のシーズンです。

盛岡では8月の2日から「さんさ踊り」というお祭りがはじまります。なんでも「太鼓同時演奏の人数」世界一のギネス記録を達成したそう。太鼓と踊りの大パレードはとっても迫力かあります。「さんさ踊り」の太鼓の音を聞くと、私も踊りだしたくなってじっとしてられません。今年は旦那の浴衣も揃えたので、二人で浴衣を着て出かけようかと楽しみにしています。

どうも、青森のねぶたや秋田のカントウ祭り、仙台七夕などの影に隠れて知名度はイマイチなんですよね〜。 盆踊りとしてはかなり伝統がある踊りなんだけど、大きなお祭りとして今の形になってから、まだ歴史が浅いからかもしれませんね。 

 

ベロニカブルーフォンティーン

95ベロニカブルーフォンティーン


095-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

澄んだブルーの色が綺麗なベロニカブルーフォンティーン。

背丈もあまり高くなくってコンモリまとまった株になります。この株で2年目。宿根草の中には苗を植えつけた年に開花しないものもあるんですね〜。去年は咲きませんでしたもん。

花はとっても繊細で、可愛いです。

ベロニカは、夏によく咲く宿根草の“トラノオ”の仲間なんですよ。枝の先が花穂になるんですね。葉の形は違ったりするけど咲き方が似てます。日本名を「ルリトラノオ」というそうです。種類も豊富で、うちには青いベロニカが三種類あります。集めているわけじゃないんですが、「青くて〜、風に花穂がゆれるタイプで〜、花期が6月頃から7月半ばまでのやつで〜、高さが25cm〜40cmぐらいの、日当たりが好きな宿根草」を探していたら、ベロニカとか、この前のキャットミントとか似たような物が多くなってしまいました。そういうの、大好きなんです

どちらかというと、さりげない脇役的なベロニカ。まだ主役の登場していない庭で、自分のパートを一生懸命チューニング中という感じです。(その健気さが愛しい〜)

095-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  •  
  • ベロニカ ブルーフォンテン
  • ゴマノハグサ科 
  • ベロニカ属
  • 耐寒性強 宿根草 
  • 別名 ルリトラノオ
  • 開花時期 5月〜7月
  • 草丈は、30〜40cm カーペット状に広がる
  • 植える場所 日当たりや水はけがよい、肥沃な場所を好みます。

今朝、地震がありましたね。震源が県内だったので驚きました。県内で震度6強を記録したのは観測以来かもしれませんね。

建築関係の会社で働いている旦那。

今日は秋田の大仙市(大曲)の現場だったので心配しました。(震度5だったんです) 

こんな大きな地震が起きると携帯電話が繋がらなくなっちゃうんだぁって、初めて体験しました。

タダでさえ危険な建築現場、ほんとに災害時に連絡がとれないと…。ちょっと恐かったです。

携帯が通じたのは1時間以上たってからでした。何事も無かったようですが、安全が確認されるまで工程がストップするそうです。

 

まだ、余震が続いています。

震度6にも達した大地震のあとだから、ちよっと用心が必要かも。そんなに心配はいらないだろうけど、せめて、すぐに連絡のとれる場所にいるようにしたいなって思いました。

 

岩手県南・宮城県北部で今回の地震。被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。まだ油断のならない状況は続いておりますが、今後の余震、二次災害等に充分注意なさって下さい。皆様が一日もはやく立ち直って、平穏な日常を取り戻せますよう、何よりお祈り申し上げます。

 

 

ブルーキャットミント

94ブルーキャットミント


094-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーキャットミントが満開です。

ラベンダーとよく間違えられるのですが、これはれっきとしたミントで、ラベンダーより株が大きくなります。雰囲気は似ていますよね〜。ミントの香りというより…何?ちょっとだけチーズっぽい香りがします この香り、猫が大好きだそうで…。まさかって思ってたんですが、やっぱり好きみたいですよ。野良猫くんたちが遊びにやってくるようになりました。(お願いだから、花壇をトイレにするのと、中で遊ぶのはヤメテね)

少しつづ切りもどして、玄関とかに飾ってます

別名をぺネタといいます。すごく種類が豊富でコレクションしたら面白そうです。

少しづつ、咲いてる花も増えてきました。写真は朝に撮影しておいて、そのままカメラの中に入れっぱなし…

今ね、仕事が忙しくってブログの更新もナカナカできずにおりますぅ

来週には一段落しそうなんで、平日に休みをもらうことにしています。

ギャバのCMソング゜…「終わらない仕事はない〜(略)でも次の仕事がまた始まるだけ〜」って感じで、ゲンナリ まだ、リゲインの歌「24時間戦えますか」(なつかしぃ〜、時任丸三郎太)の方が歌って元気になるってもんです。

今日は日曜なんですが、これから出勤します。今週も頑張れ自分な日曜日になりました。

どうか、今月は休みが取れて楽しみにしていた「バラ園」周が出来ますように

 

アルメリア

93 アルメリア


093-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルメリアが満開になりました。私の庭にも初夏がやってきましたよ。

アルメリアのナチュラルな感じが好きです。花もコロコロして可愛いし、花がないときも、葉っぱは丸くこんもりと超コンパクトに茂りとってもお行儀がよいんです。たった二株しかありませんが、よく移植に耐えてくれて毎年可愛い花を咲かせてくれます。もう少し株を増やしたいところですが、初夏を過ぎると忘れ去られてしまうんですよね〜イカン・イカン(だから…ゴメンって言ってるじゃんでも大好きなんだよ)

今年はこれに花がよく似た「チャイブ」を種まきしましたが、どうやら失敗したらしく、発芽しませんでした…悔しいなぁ

耐寒性が極めてよく、ホトンド常緑。霜に当たると赤くなりますが、春本番にはちゃんと復活してくれます。ほんとに、いい子だわぁ。

いつも緑でいてくれて、ありがとうね

093-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い花もあります。あらら〜?ピントが甘かったみたい

  • イソマツ科 アルメリア属
  • 耐寒性常緑多年草
  • 草丈 20センチ
  • 開花時期5月下旬から6月下旬
  • 植える場所 日当たり 乾燥に強く、とくに土質を選ばない

 

芝桜

87 芝 桜


086-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春先のグランドカバーとして大活躍しています。たった二株から今や1平米を埋めるほど大きくなりました。花が終わったらシッカリ刈り込んで、蒸れて乱れるのを防止しなくっちゃ。そうすれば夏でも青々とした葉の絨毯が楽しめます。もう少し庭が充実したら植栽計画を考えて整理するつもりではおりますが…。今はとっても貴重なグランドカバーです。

Profile
お庭づくりの参考にお勧め。
素敵なブログがいっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

  • ライブドアブログ