Maple Garden ☆ Begins!

ガーデニングビギナーダイアリーは新タイトルに。 相変わらず雑草に負けないガーデン作り。

Sレオナルドダビンチ

レオナルド・ダヴィンチ2012-01

レオナルド247 01

メイアン社のバラは、優秀ですね〜

レオナルド・ダヴィンチはフロリバンダのはずですが、
日本では少し大きめに育って、シュラブのような株姿になるそうです。

花びらの枚数も多くて、アンティークな雰囲気。
雨にも強いし、花もちも抜群です。

ウチでは、整った株立ちと、まとまって咲きそろう性質からか、
その一画がとても眼を引きます。

花は、このままの形を保ちながら、ゆっくりと退色していきます。
中のシベが黒くなって、花びらがベージュっぽく
なってきたら、摘みとります。
開いてから摘み取るまで、約三週間。
それまで、散らない丈夫さは群を抜いてます。
今年は少し寒かったせいもあるんだけど。
それでも、ガーデンローズとしては優秀です。

短く枝を切っても咲くので、
手前を低く後ろは支柱を立てて高めに仕立てると、バッチグー
夏から秋にかけて伸びる枝も、春に咲いた枝も上手に利用して、
比較的簡単に株を整えることが出来るから、ますますイイ子。

レオナルド2407 02


色も緑にとても映えるんですよ。
淡いいろばかりにナリガチなバラの庭では、
程よい引き締め効果があるみたい。

耐病性も耐寒性も強いです。

ダビンチ、ロンサール、
ギードゥ・モーパッサン、アンジェラなどなど
メイアンのバラは庭作りには欠かせない素材ですね〜
ホント 素晴らしい

大好きになちゃいました

■系統:Cl  (メイアン社ではフロリバンダ)
■作出:1993年 Meilland.A フランス
■花:薄ローズ色/10cm/クォーターロゼット咲き
■中香
■返り咲き
■樹高:300cm

Da Vinci&Path of the brick

11820小道

一昨年作ったレンガの小道。
芝面が庭の正面方向。だから後ろ側から小道の入り口を見る。

二年たって回りの植栽もいい感じになじんできたよ。

ピンクのバラはレオナルドダビンチ。
その向かいにマチルダがある。

マチルダ側は後ろが小道に沿って
クリローや、ホスタ、ヒューケラなどを植栽して
コヌルス・エレガンシテマとアジサイを囲んだ
シェードガーデンになっているの。

カラーリーフをたくさん使っているけど
コヌルスとアジサイの勢いがすごくて
盛夏には隠れて見えなくなちゃうので
まだまだ試行錯誤が続いている。

本当に何とか形を保っているというところだ。

防草シートを敷設してからレンガを敷いたけど、
その後の植栽と草取りする時にでた土か目地に入って
あ〜あ…雑草がひどいね〜。 

綺麗な状態をキープするのって 難しいな〜

まあ、この小道も ワイルド&ナチュラルでイイ という人もいるけどね

私的には、せめてスニーカーで歩ける状態に保ちたいので
草取りではなく 刈り掃い機(大きな草刈り機)でお手入れしている(苦笑)。


レオナルドダビンチ☆

22レオナルド03

レオナルドダビンチは、今年の春に庭にやってきました。
篠宮バラ園から取り寄せました。

モダンローズなのにオールドローズのようなクオーターロゼット咲きで
アンティーク調の形のよい花を咲かせる。
花弁質が少し厚いので花保ちがとてもいいんです。
耐病性に優れていて、耐寒性も心配ありません。
一季咲。フェンス、アーチ、ポール仕立てにもできるし、
短く剪定してもたくさん花をつけます。
1993年イタリアモンツァ国際コンクール金賞受賞

花色:濃いローズピンク
花形:クォーターロゼット咲き
花弁数:75〜80枚
花径:8〜10cm
伸長:1.5m
樹形:ツル性
芳香:微香
用途:フェンス、トレリス、アーチ、ポール仕立て、
小型シュラブ仕立て
仏・メイアン作・1994年

とても素敵なバラなので、庭に取り入れやすいのも魅力となり
最近では人気がありますね〜。

22レオナルド

篠宮バラ園は、圃場でのびのび育てた特上苗を、秋に7寸鉢に植え付けたしっかり育った苗を販売しています。バラの台木は、日本の風土に合い、耐寒耐暑性・耐病性に優れた“ロサムルティフローラ”を使用。白根が張り、株元も枝ぶりもとてもしっかりした大苗を育ててくれます。秋に植え付けストレスなく成長した鉢苗は春の花付きがよく、鉢のまま6月上旬まで育てるとしっかり根の回った状態になって、庭植えの失敗も少ないそうです。
寒い地方にはうれしい、四月発送も受け付けてくれます。
ウチに届いたのも、それはそれは“立派な大苗”でびっくりしました。近くの園芸店で販売している大苗の継ぎ目部分の太さが倍以上違い、葉っぱもフサフサ(´∀`*)
四月はまだ寒いので、風除室で管理して五月中旬に植え付けました。

22レオナルド02

六月中旬には、いっぱい花芽を出し開花。
植えたばかりとは思えない葉の茂り具合にうれしくなります。
ここでオベリスク仕立てに挑戦です。

六月二十六日の夜、サンテミリオンバラ園に一泊してきました。
サンテにはちょうど日本を代表するローズブリーダーの寺西菊雄先生も宿泊されていて、ディナーのテーブルが隣となり、気さくに声をかけてくださいました。
色々お話ができて、とても有意義なひと時となりました。

サンテさんからバラを二つ入手。
ERスノーグース
ランブラー アリスターステラグレイ

サンテのマイちゃんともおしゃべりが出来て楽しかったです。
すっかり友達のノリで、はしゃいできました。
バラもたくさんみたし、楽しかったなぁ〜。



続きを読む
Profile
お庭づくりの参考にお勧め。
素敵なブログがいっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

  • ライブドアブログ