Maple Garden ☆ Begins!

ガーデニングビギナーダイアリーは新タイトルに。 相変わらず雑草に負けないガーデン作り。

CL 新雪

ツルバラらしくなった新雪

620新雪

雨の中こんなにきれいに咲きました。
現在H1.8m W1.8m に成長


5新雪

昨年の春はこんな感じ
これもキャンカー&癌種でほとんど拳骨剪定

620新雪02

後ろにラティスを取り付けて誘引

ツルバラにしてはまだ小さいけど
繁々してていい感じになりました。

新雪ってステムが長いんですね〜
花がら、どのへんで切ればいいいか迷いそう( ̄▽ ̄;)

隣はゴールデンハニーサックル
昨日から開花 新雪とのコラボに期待(´∀`)

下の雑草、取っても取っても限がないよ〜

622新雪

SINSETU

123 SINSETU


123-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと名前がわからなかった、この白バラは、『新雪』というランブラーローズらしい。自分で調べたので、ちょっと自身がないが、数多くみたバラのサイトや、本に載っていた『新雪』とよく似ていると思うの。白いバラでこういう剣弁高芯咲の花は多い品種だし、崎購入した時にラベルを紛失してしまったので確証はないんだけどね〜。いい加減だけど、そういうことにして(笑)、そのつもりで育ててみるつもり。花壇の中に植えてしまって、年に2mぐらいの太くって棘だらけの蔓を伸すから、どうも窮屈そうなので、春になったら、後ろの暴風ネットの方へ移植して、蔓をノビノビと伸ばしてあげたいなって思っています。バラは植える場所も考えて選ばないと、困っちゃうのね〜(@▽@)

 

  • 新雪
  • 花色:純白
    花形:剣弁高芯咲き
    花弁数:40〜45枚
    花径:11cm
    開花期:四季咲き性(春〜秋)
    樹高:3m
    樹形:ツル性
    香り:微香
    用途:トレリス、アーチ、壁面

 

 

白いバラのある風景

106白バラのある風景


106-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白バラが咲くころ、6月の庭はピークを迎えます。

白いつるバラなんですが、名前がわかりません。とっても旺盛にシュートを伸ばして、去年一番長いものは2メートルを越しました。

冬剪定を深めにしたので、今のところはコンパクトてすが、またビロ〜ンってシュートが伸びそう…。中途半端なところに植えたので支えになるフェンスやアーチを建てられないのです。オベリスクにからませようと思ったんですが、茎が太くって無理っっ 今は様子を観察中です。どうしたものかしらね〜。

106-03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり朝は気持ちいいです。定点観測みたいになってしまいますが、ここからの眺めがベスト。白いバラがあると、庭に品格が出て見えますね。早起きしてお手入れ頑張った甲斐がありました

6月の最盛期。バラの香りで幸せな気分になれます。今年は空梅雨だったので朝の庭仕事がらくちんでした。

7月の今はバラも一休みかな? 

真夏の花もそろそろ咲いてくるころですね〜。

106-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番綺麗な庭の様子。たくさんのせちゃいました

 

返り咲の白バラ

35返り咲の白バラ




035-001

 

 

 

 

 

 

 

 















 

 

 

 

クライミングローズの白パラが返り咲いています。枝が太くって2メートルも伸ばしてるんですよ。誘引はとても無理。花が終わるまでね剪定は待つことにしていますが、この枝だけビロ〜んとして、滑稽です。綺麗な花なのに、もったいない。

ここでカメラの話を少々。

写真撮影は、コンパクトデジタルカメラと携帯電話のカメラで行っています。どちらも接写モードが付いているので、こんなふうに近寄って撮影可能なんです。F値もある程度開いてとれるモード設定になっているようで、難しいことを考えなくてもよいので、気軽に撮影しています。

前は、手持ちカメラはニコンのF2というフィルム一眼レフカメラを使って、撮影していました。だから、少しはカメラの腕に覚えがあります。

結婚してからまた写真にかかわることはないだろうと思っていましたが、昔とった杵柄といいましょうか、またやってみたくなりました。デジタル一眼レフカメラ、安いのでいいから欲しいです。

家電量販店で物色していて気がついたんですが、フィルムカメラと比べて絞りやシャッタースピードの設定数値の範囲がやたら狭くない? ISO感度が調整できるようらなったから、狭くても大丈夫ってことなのかなぁ? その辺の疑問が解消されれば、すんなり購入に踏み切れるんですけどね。(お金の問題もありますが…それは時間が解決してくれるでしょう。)

 

白いバラのお話

08白いバラのお話


白バラ1

クレマチスから横取りしたオベリスクのもと、白いバラがスクスクと成長し花をいっぱいつけました。

残念なことに、ラベルの無いものを購入したため名前が不明。半ツル性でフロリバンダローズのような咲き方をします。咲ききった時の花の大きさは8センチ位かな?大輪です。弁慶咲きからイングリッシュローズみたいな丸い形に咲き進んでいきます。四季咲きで、今は花柄を積んでしまいましたが、次の花芽をたくさんつけています。

雨が続くと葉っぱが白くなるうどん粉病にかかりやすくて、マメに薬品を散布しています。そのわりには成長の勢いがあって逞しさを感じています。

うちの庭でもこんなバラの写真が撮れるなんて、夢のよう。写真は六月中旬ごろ。まだ入梅する前です。最近は背の高い宿根草の支柱立てに追われて、バラはほったらかしですが…。

ところで、バラの散った花びらはその後どうしています?花柄つみしていくとかなりまとまった数になるし、綺麗なので捨てるのがもったいないなぁって思うんですが、みなさんどうされているのでしょう? 

白バラ2


つぼみ4

07 つぼみ


白バラのつぼみ

六月初旬。今にも咲きそうなバラのつぼみ。お爺ちゃんと二人で花屋さんにいって選んで来た白いバラです。残念ながら、ラベルが付いていなかったので名前がわかりません。四季咲きの半ツル性のものみたい。うつくしいぃ〜。また庭に彩りを添えてくれるので、わくわくしてます。庭を造りはじめてから、いちばん楽しんでいるのは庭を一日中眺めていられるお爺ちゃんかも。「草花だけじゃものたりないから、パラや花木も植えたらいいよ」とアドバイスをもらいましたよ。草取りも手伝ってくれるし、大助かりしてます。このバラに、クレマチスは慣れ親しんだオベリスクを横取りされてしまいましたが……綺麗だから許すとしましょう。

定植時の白バラ

六月の庭全景

同時期庭の全景です。ブロック積みも完成まであと一歩。植物達も大きくなりました。始めたころに比べると大分にぎやかです。

ガーデニングって工夫次第で以外と低コストで楽しめる趣味だなぁって思う今日この頃。綺麗な花が嫌いな人って少ないから自分も他の人も楽しめるところが素敵だし、なにより条件さえ整えてあげれば「自分で成長する」ところが好き。

庭から元気をもらって、今日も頑張ります。


Profile
お庭づくりの参考にお勧め。
素敵なブログがいっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

  • ライブドアブログ