Maple Garden ☆ Begins!

ガーデニングビギナーダイアリーは新タイトルに。 相変わらず雑草に負けないガーデン作り。

おでかけ

平原綾香のコンサートに行ってきました




彼女の歌声をナマで聞きたくて。

「おひさま」 「翼」 「明日」 「ジュピター」 と
大好きな曲を心ゆくまで堪能しました。

心にしみます(ノд・。) グスン
癒されるだけでなく、「一生懸命、生きていこう」と
ひたひたと励まされる詩。

彼女の声に包まれる感覚。

ほんとに、すばらし声です。

チケットをとってくれた、旦那に感謝。

この日は二年ぶりに、結婚記念日をお祝いできました。

これからも宜しくお願いします。



とは言うものの…

当日はどしゃぶりの豪雨。


席は三階。オペラグラスなし。

しかも当日は、四時まで親戚の葬儀に参列。

家で着替える時間もなく、あらかじめ持っていた服に着替え…

なんと旦那は着替えを玄関に置き忘れ、
急遽GUで買い物するはめに(゚Д゚)ゴルァ!!

でも、そんなアホなドタバタも、我が家のネタ、笑い話ですね。

コンサートが終わった後、外は雲が晴れ、夜空に星が瞬いていました。

コンサートの中で「あれ?このれってこんなにいい曲だった?」と
良さを再発見した曲をアップしますね。

「スタートライン」です。

「神様がくれた〜」というフレーズがなんとなく受身な感じでイヤなので、
「自分で決めた」と勝手に自己変換したら気にならなくなりました。
(ごめんなさい)

畑のBGMとして、コレクションに加えたいです(☆゚∀゚)

そうそう…
彼女のボイスパーカッションに驚きました。
すごいなーオオーw(*゚o゚*)w







森の時計

森の時計246

カフェ 「森の時計」は、
倉本聡監督のドラマ「やさしい時間」の主人公が
マスターを勤めるカフェ。
ドラマのために作られたとは思えない
しっくりなじんだ面持ちで、森の中に佇んでいます。

新富良野プリンスホテルにある
ピクニックガーデンの中にあるんですよ。
そこには、「風のガーデン」や
クラフト作家のお店が並ぶ
「ニングルテラス」などもあります。

「森の時計」ではカウンター席で珈琲がお勧め。
自分で珈琲豆を挽かせてくれたり、
マスター(寺尾さんじゃありません)が
ネルドリップで入れてくれる様子を
眺めることができますよ。

ホテルの駐車場側を流れる小川があり、
そこを辿るよう森の中の道を下って行きます。

その日は気温15度。
ひんやりした風が鬱蒼とした森の中を吹き抜けて、
初夏というにはだいぶ涼しい空気を肌に寒い感じながら、
森林浴さながらに、ゆっくり歩みを進めると、
たどり着いた北欧の別荘のような三角屋根のコテージ。

くねくねした面白い形の手すりのある、
一見テラスのステップみたいな階段。
重厚なドア、美しい木目に漆黒の文字で
「森の時計」と刻まれたプレート。
そこがカフェの入り口です。

中に入ると、森が続いているような重厚でナチュラル空間。
ウォールナッツ色の太い梁のある高い天井に白い壁。
そして正面には、インテリアとコントラストをなして深い森の緑を映し出す
一枚ガラスの大きな窓のあるカウンター。
「やさしい時間」で
寺尾さんと大竹さんが語りあっていた、あの場所です。

早速、珈琲をオーダー。 
目の前に置かれたのは、
一回分の珈琲豆を挽くミルが、一人に一つずつ。
ゆっくり珈琲を挽きながら、
窓に広がる森の緑をながめていました。

立地が斜面にあるため視線がさえぎられ、「空」が視界に入らない。
波が水面を揺らすように、風が梢をサラサラ揺らす様は、
眼には見えない「風」や「空気」そのものや、
流れていく「時間」まで写しだしているかのようにも…。

北の国の深い原生林の景観を
ウォールナッツ色の窓枠で大胆に切り取た大きな窓。
まるで、森の時間を閉じ込めたようです。

森の時計02


カメラを構えていると、マスターが
「角度によっては珈琲に森が映り込んでロマンチックなんですよ」
と、このカウンターのビューポイントをこっそり教えてくれました。

morinotokei
上手く撮れてますかね?(自信ないけど)


「森の時計はゆっくり時を刻む」


morinotokei02
(緑が綺麗ですよね〜 癒されます)


倉本監督のその言葉に、浸りに訪れたカフェ。
豊かな香りの美味しい珈琲と一緒に味わいました。

私にも、「やさしい時間」は流れていたのかな〜。









北海道「風のガーデン」へ

風のガーデン01


6月10日から13日まで、北海道旅行に行ってきましたよ。
ドラマで話題になった「風のガーデン」
シーズン前でしたが、初夏の花が可憐に咲いていました。

ウチの庭はまだ、ぱッとしないので、
旅行の報告をぽちぽちアップしますね

旅行の計画

ハウステンボス011

北海道へ6月に行ってきます
風のガーデン、富良野、美瑛、上野ガーデンを回ります。
旦那の強いリクエストで札幌のヨサコイソーランも観覧。
3泊4日 道内はレンタカーでドライブ。

JALのマイルで交換した
お客様ご利用権を利用するので旅費はほぼ半額。
それをさらに二人で割り勘。
6月に行くのはシーズンの中で比較的リーズナブルだから。

花のシーズン前の日程なので、
見ごろには少しはやい感じなんだろうなぁ

同じ時期に長崎に行ったけど、こちらはバラも散り際だった。

北と南では軽く2ヶ月は季節の訪れが違う。

旅はその場にいって楽しみを見つけるもの。
新緑の北海道を楽しんでくることにしましょうか



及川フラグリーンさんクレマチスウィーク

及川01


2011年6月3日から12日まで、
岩手県花巻市の及川フラグリーンさんで、
クレマチスウィークが開催されています。
昨日、姉と二人で行って見ましたv( ̄∇ ̄)v

及川フラグーリーンさんは、メジャーなクレマチス専門ナーサリーの一つ。
個人への販売は通常ネット限定なのですが、
年に一回この期間のみナーサリー内の仮設店舗で直売を行っています。
育苗ハウスの裏手には赤松の森があり、
そこにクレマチスなどのモデルガーデンを整備(製作中)。
心地よい森の中を散策しながらクレマチスをゆっくり選べます。

やっぱり専門のナーサリーだけあって、その品数は目を見張るほど。
スタッフの方は親切で、育て方や品種選びの質問にも
丁寧に答えてくれるし、アドバイスもバッチリw(゚o゚)w オオー!。
サンプルも多くて、手入れの行き届いたクレマチスが
どんなふうに成長するか、実際に見て確かめることができます。

いろいろ迷ったけど、上の写真の「ロコーコラ/ジャックマニー」を入手。
アーチに絡めるようにしたいと思って場所を確保。
大きな苗なので6月でも植え付けできるそう。スノーグースと
ロコローラのコラボしたアーチを作りたいです。
夏、涼しそうでいいですよね〜(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

及川02

赤松の森は結構広くて、小高い森の中に木陰を抜ける
園路がめぐらされていました。昨日は暑かったから、木陰が気持よかった
シェードガーデンも充実していて、大きなホスタなどの
シェードプランツ選びの参考になりそうでしたよ
及川03

一般の園芸店ではなかなか手に入らないものも多く、
通信販売でしか入手できない品種を苗の状態を見て
その場で購入できるのは、とてっもうれしいかぎり
及川さんのネット販売より手ごろな価格で購入できます。
お近くの方にはとってもお買い得だと思いますよ

及川フラグリーンのサイトはコチラ
http://www.ofg-web.com/
クレマチスの育て方など親切に解説していますよ

プリンセスダイアナも欲しかったけど、パイレーツも見に行ってしまったし、
来月のハリポタ7/2のためにもシバシ我慢(≡ω≡.)

立山黒部アルペンルート ライブラリー



立山黒部アルペンルートの写真のライブラリーを

想望 (龍馬伝BGM) で。




01室堂平






02室堂平







03みくりが池_浄土山






04みくりが池_富士ノ折立・大汝山・雄山








05みくりが池_大汝山、富士ノ折立、真砂岳、別山









06みくりが池_真砂岳、別山、剣岳









06閻魔台_血の池、立山三山(山崎カール)








07血の池_富士ノ折立(山崎カール)、真砂岳







08閻魔台_雄山、大汝山、富士ノ折立、真砂岳









09真砂岳、雷鳥沢、別山@




BARAKURA English Garden

2110バラクラ02

9月某日 信州にドライブに行った時、
予定より少し早めについたので
以前から訪れて見たかった、
蓼科高原バラクライングリッシュガーデンに
立ち寄ってみました。

何の計画も立てていなかったので
時間もわずか40分あまりの
あわただしい散策。

こんな計画性のない予定は
私にとっては“異例”のこと。

だって今度いつ来られるかわからないんだもの。
ベストシーズンでなくても、この機会を逃したくないし。

2110バラクラ01

夏から秋へ。季節の移り変わりの中途半端なシーズン。
全体的に寂しい風景でしたが、それでも見所はありました。

緑の植栽が美しい、コニファーガーデン。
冬も常緑なのでクリスマスのディスプレーなんかしたら見ごたえがありそう。
グランドカバーのコニファーも素敵。
コニファーの植栽は格調が高いイメージを演出するんですね。

2110バラクラ03

ダリアとグラスのコンビネーションが絶妙な、秋ならではの植栽。
ガーデンチェアーやオベリスク、石づくりのプランターも
グランドベースの色と同色に落ち着いて、
植栽の緑を浮き上がらせているデザインです。
カラーリーフのコーディネートも魅力的。
葉のデイテールを活かす植栽も勉強になります。
バラクラのシンボルツリー“ニセアカシア”の
美しいライトグリーンが、後ろですばらしい背景を作ってます。

2110バラクラ04

バラの絡まる白いガゼボ。
中央のオブジェも素敵です。
花がなくても、絵になる構造物があると、庭の美観が保たれます。

ほんとに短時間の散策。もっとゆっくり見たかった〜。



ここまではカーナビ頼りで来てみたのですが、
たどり着く前にカーナビ自体が迷ってしまい、
とんでもなく遠回りをして、迷子になりかけたんですよ。

蓼科高原のペンションが立ち並ぶ
メルヘン通りを縫うようにドライブ。
くねくねの道をやっと抜けたと思ったら、
ゴルフ場の裏道の林道を走ってました。

行き止まりでユーターンし、比較的広い道のY字路にある
カフェの店員さんに道を尋ねるしまつ。あぁ。恥ずかしかったよ〜。

カーナビを過信してはいけません。
必ず付近の道路地図を手に入れてからドライブを楽しみましょう。



バラクライングリッシュガーデンのHP
http://barakura.co.jp/





立山黒部アルペンルート

立山10919





















立山黒部アルペンルートまで、お泊りドライブしてきました

アルペンルート最高峰の室堂 みくりが池からパチリ

長野 扇沢→黒部ダム→黒部平→大観望→室堂 までの往復

フォトブックを自分で作成中です

思い出は、カメラに撮りっぱなし という状態はもったいない

ブログにもアップしたいと思います。

そうそう ついでに 蓼科高原のバラクライングリッシュガーデンまで
足を伸ばしてきましたよ。(ついでかよ…( ・Д・))


ああ…このまま高速1000円のままでいてほしい…


ANAマイル目標達成だ

ANAマイル目標達成だ


約三年間もこつこつ貯めたANAマイル。ついにこの十二月で目標を達成 旅行資金に交換しました。 交換したのは『ANAお客様ご利用券』十二枚。合計六万円也 やったぁ〜

さて、来年は旅行に行くことになったわけだが、まだ行き先と行く時期が未定。当初は、『絶対に海外!  できればグァム。ビーチのホテルでシービュールーム!!』と決めていたのだが、この不況のご時勢どうも思い通りにはならないみたい。

一番のネックは、海外だと当然のようにかかる『給油サーチャージ』。来年の一月四日以降であれば、グアムまで往復一万五千円。それでも一時期は二万五千円だったからだいぶ安くなった。しかし、まだ割高感がぬぐえない。二人分だと三万円余分にかかるってことだもの。原油価格はどんどん下がってきているので、来年半ばごろにはもう少し安くなってくれるとうれしいが…。どうだろう。

次のネックは、やっぱりこの不況。世間様では雇用不安が広がっているときに、ウチは大丈夫と安易に会社を休んで、旅行なんぞに行っている場合だろうか?

でもね〜。『ご利用券』は期限付き。絶対来年中に使わないと六万円捨てるのと同じこと。それもそったいないよね〜。せっかく楽しみにしていたのにさ。

定額給付金。早く法案通って、家庭に支給されないかなぁ。もちろん旅費に当てさせていただきます。きれいに残さず使い切るのも、社会のためよ。お金は天下の回り物ですもん。市場にお金を回しましょう。(後ろめたくなく旅行資金にする言い訳ともとれる発言だわぁ)

今は、現実を帯びてきた『旅行』なだけに、より慎重に計画を立てなければっ

早速 ANAツアーの検討に入ってる。今は円高で海外が安いね〜。サーチャージさえクリアできればどーんと行っちゃうのにね〜。

計画好きな私。それだけでワクワクしているの。海外どころか、一泊二日のディズニーランドになるかもしれないのに。

旦那に言わせりゃ 『実におめでたい』んだってさ。

くまのぷーさんがいっぱい

くまのぷーさんがいっぱい


ぷーさん01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧巻の[くまのぷーさん]ですぅ よく集めたなぁ あきれるやら、羨ましいやら。全部、UFOキャッチャーの戦利品だそうで…。とにかく、すごいのよ。

友人Hご夫妻のご自宅に遊びに行ってきたんです。MISAWAの新築で、MISAWAといえば『蔵のある家』がスタンダード仕様。その『蔵』にいました。大量のぷーさん。高さは160センチで広さが六畳程度のいわゆる『納戸』に使用する『MISAWAの蔵』とよばれるお部屋なんですが、そこの壁面(ドア以外)すべてに上から下まで、ディスプレー用の棚を作りつけてあるんですよ。結果この部屋に入るとぷーさんに囲まれてしまいます。何体あるのか、当人でも把握しきれないようです。ここまでくるとコレクターです。すごい それでも、同じものは友達に上げているみたいで、一種類づづしか置かないようにしているんだそう。長男君が集め始めて大事にしているので、捨てられなくなってしまって、ここまできたら徹底的にコレクションしてやろうと思ったらしいです。ほ〜ほぅ この部屋に入って大笑いしてしまいました この徹底ぶりがなんだか羨ましいです。ここまでやるか〜ってとこが大好き。(私にはマネできません)

こんなコレクターのH夫妻に質問。『ディズニー絵本のぷーさんと仲間のキャラクターの体の後ろに、縫い代とかファスナーのようなものが見えるんだけど?あれは何?』と聞いてみました。すると『あれは、ぷーさん達自身が、“主人公の男の子の持っているヌイグルミ”というお話なんだよ。ぷーさんの物語は男の子とヌイグルミのお話なんだ。』 まぁ〜。何てふぁんたすてぃっく ぷーさんは子供のころから好きだったけど、そういうお話とは知らなかったなぁ〜。 ずっと『あの背中の線や、おなかの××は何だろう?』って思ってたので、謎が解けてスッキリ。さすが、ぷーさんコレクター。ついでに原作の絵本も揃えていただけると嬉しいです(口には出せないお願いですが…笑)

ここの部屋は将来お孫さんの遊び場にするそうです。いいよね〜。私も遊びに来ちゃうわぁ。大人だけど(笑)

おみやげに、ぷーさんのお友達の『ティガ』をプレゼントしてくださいました。ありがとうHさん、ずっとお友達でいましょう!! 

H夫妻から『庭ができたら、バーベキューに呼んでね〜。気長にまってるね』って、『予約』が入りました。 おおっ 私も負けてらんないわ

Profile
お庭づくりの参考にお勧め。
素敵なブログがいっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

  • ライブドアブログ