ガソリン不足がこれほど生活に影響するとは思っていなかった。
旦那の仕事はストップ。先週から自宅待機がつづいている。
私も通勤をバスに切り替え、毎日15分かけて停留所まで歩いている。
職場でも一部業務がとまり、その対応に追われる一週間だった。

でも、まだまだがんばれる。
非常時こそ、冷静に。
これは一時的なもの。

本当にピンチになったら
その時はその時。

近くのアピオではひっきりなしにトラック、
陸自からはヘリが昼夜を問わず飛び交っている。

はやく物資が被災地にいきわたり、
沿岸のみなさんが
お腹いっぱい食べれるといい。
暖かく過ごせるといい。
ゆっくり休めるといい。

内陸はその次でいいんだ。
まだ体力があるから。

復興の過程で
いろんな困難が待ち受けている
かもしれないけど、
このくらい何でもない。
耐えて乗り越えるだけの知恵と体力
そして、「負けじ魂」があるもの。

歩きながら鼻歌を歌ってる
「歩こう 歩こう 私は元気〜♪」

「元気」、「明るさ」を
心の奥から引っ張り出す。

こんな時だからこそ。
自分の中で「不安の芽」を育てないように。

願わくば、
これ以上ひどい余震が起きないように。
福島原発が一刻も早く収束するように。
東北の大地が放射能で汚染されないように。
被爆の健康被害を受ける人がいないように。

そして、この国難を乗り越えるために
皆で力を合わせていけるように。