庭のマルチングをかたずけました

9

 大分春めいてきましたね。我が家でもようやく水仙の芽が立ち上がってきましたよ。皆さんのところに比べたら、のんびりしすぎているように思われるかもしれませんね。この前の更新のあと、また雪が降ったり、先週までは朝に霜が降りたりと、とても庭仕事をはじめられる状態じゃなかったんですよ。(p_q*)シクシク 
でもここのところお天気が続きそうで、桜や花々の芽も動き始めたようです。 
 うちの庭では遅い霜が降りるので、4月の半ばまで、防寒用のマルチングとる事が出来ません。耐寒性のある宿根草でも霜の被害を受けて枯れてしまうこともあるんですよ。バラの囲いを外すのももっと遅くてもよかったみたいで、冬越ししても元気だった剪定した枝先が霜にあたって枯れこんでしまったりして…。ウキウキ楽しい春ですが、自然環境のことも考えて、焦らないでやんないといけませんね〜。
 今日、マルチングを撤去。グランドカバーのお手入れを少しだけすすめましたよ(^_^)ニコニコ
この前ちょっと遠くのお花屋さんまで行って、初めて目にする宿根草をお持ち帰り〜(*´∇`*) 
左から…斑入りカラミンサ と 右…ゴールデンハニーサックル です。
斑入りカラミンサは、おなじみのハーブカラミンサの仲間でピンクの花が咲くそうです。カラミンサもキャットミントみたいに花期が長くって土も選ばないので使いやすいんですって。
ゴールデンハニーサックルは、葉に黄色い斑が入っています。花の色は白。これも丈夫だって、店員さんがいってました(´∀`)  どちらも「斑入り」なのが嬉しいよね〜。花がなくっても寂しくならないものね〜