123 秋のプチトリアノン


122-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

プチトリアノンは、この秋になってだいぶ株が充実してきた感じ。直立性の樹勢で枝も形よく揃ってきました。フロリバンダらしく大きな房咲になっています。樹高は120センチぐらいになりました。理想を言えばもう少し花数が多くなってくれないかなと思いますね。あと葉っぱももっと茂って欲しいなぁ。 今年の春に植えたばかりなのに、要求ばかり多くなってしまいましたね。ごめんね〜。 今年頑張ったから、早めにお礼肥えして冬越えの準備をしてあげるからね〜。

今週の日曜日は、晴れそうなので、バラの仮剪定をして、雪対策の支柱を立てるなど冬越しの準備をします。本格的に雪囲いは、バラの葉っぱが落ち始めてから。そして本剪定は三月か四月の雪が融けてからになります。(剪定の仕方が下手なので、冬に剪定すると先が枯れこんでしまうんですよ〜@△@)

122-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとだけ 名残惜しいので 見つめていたいな。来年も元気に咲いてね。