122 欅のある風景


125-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭の奥のほうに見える欅の木。私の庭の風景にものすごいインパクトを与えています。ここから見るともの凄いダイナミックでこの欅が大好きになります。欅のある付近は雑木林のようになっていて、栗や梅、山桜やアカシア、こぶしなどが自生しています。欅はなかでもご覧の通り『堂々』とした大樹。遠くからでも見えるんですよ。シンボルツリーどころか、我が家の『ランドマーク』です。

あんまり欅が見事なんで、庭の背景として写真に収めてみたくなりました。

その結果、私の庭の課題を明らかに披露する羽目になりました…。とほほ。

仝紊蹐妨えるボロボロの小屋の壁が、ツルバラをからませようとしているところ。(この窓何とかなんないかな〜) ⊆蠢阿凌綟擦呂修海鬟ーデンキッチンにしようと旦那が作りかけている水栓。欅の雑木林の下、ここが一番の問題でこんなにいい樹の下は建築資材の廃材置き場になっているの。も〜っやだ

の廃材置き場は古い家に住んでいて、隣に作業小屋を建てたときに出た廃材を薪ストーブの薪として使用するためにおいて置いたモノ。二十年近くも放置され、廃材が腐ってそこから、若木が芽を吹いているんですよ〜。蛇が出そうで私は近づけません。ここを綺麗にしようと一大決心して一昨年あたりから少しづつ旦那と片付けてもらっています。でもねすごく疲れるし、すごく気持ち悪いの。蛇やらネズミやらの巣がボコボコなんですもん。うぅぅ〜鳥肌が… やっとの思いで四分の一程片付けたところ、その下になんと、これまた二十年ぐらい前に捨てられ埋もれていた冷蔵庫がどーんと出現 イヤーっっっ(*□*)/ はぁ〜ぁぁぁ 何時になったら片付くのぉ しばらく片付ける気になりません。しくしく しばらくここをどうしようかと考えるのは思考停止。(さすがにメゲます)

,漏里にボロボロの小屋だけど、ツルバラ好きの方なら『この壁ツルバラ這せるの、やってみる価値はあるよね』って、応援していただけるものと期待しております。思いっきり、パラが咲いてくれる姿を思い描いて、元気を『じゅうで〜ん

なまじ、原野の中なので、コジンマリとした作りが似合わない所なんですよね。どーんとした景観作りも考えていかないと、ナカナカ見栄えよくならないの。この庭の宿命のようなものですね〜。 少ないお小遣いでコツコツ作ってますので、完成に見通しが立たないのも頷ける事情でございましょ。

最近はベンチを置いたお陰で、ものすごく庭が充実しましたよ。雑木林の枝を揺らす風の音も心地よくって。快適な木陰をの下で本を読んだりして。

コレだけの広葉樹の雑木林なので、もの凄く大量の落ち葉が宿根草のマルチになってくれて冬越しの手伝いをしてくれます

乗り越えなければなんないことだらけですが、またこの場所から欅を眺めて、『良い庭になる可能性は十二分にある!』『後は私次第よ!』って頑張る勇気を『じゅうで〜ん』することにします。