Maple Garden ☆ Begins!

ガーデニングビギナーダイアリーは新タイトルに。 相変わらず雑草に負けないガーデン作り。

2013年04月

イメージスケッチ

スケッチ2504















居間の出窓から見える場所の計画。
ちょうど家のエントランスにあたるところ。


スケッチ02


大きな栗の木下にベンチを置くデザイン。

ベンチの後ろには、
斑入りの大紅ウツギバガリエータ。
その周りには、シルバープリペット、
シモツケライムマウント。
栗の木の下には、柏葉アジサイや、アナベルで。
下草は、ギボウシのジューンやパトリオット。
斑入りのフウチ草などもいいな。

ココの環境は明るい日陰。雪も寒さにも強い、
低木を中心に植栽をチョイス。

スケッチをよーく見ると、なにやら「¥3000」とか、
苗木の値段も描きこまれたまま。
新しく苗を用意するのもいいけど、
今のメインガーデンにある植物からの挿し木で
作れたら楽しいな。時間をかけて、コツコツ作ると
愛着のある庭ができると思ってる。
(完成まで5年ぐらいかかる、気の長い話だわ)

やっと春になって、庭仕事が山積み。家の周りと、
お爺ちゃんの庭もきれいにしましょ。

GWは庭仕事に勢をだしますか('▽'*)ニパッ♪


その後のお爺ちゃん

やっと、落ち着いた〜ヾ(=^▽^=)ノ

お爺ちゃんも、グループホームで調子よさそう

面会に行くと、塗り絵に夢中 もう友達もできて楽しそうです

なんと、立って歩けるように(*゚▽゚*) 
独り言もなくなって、普通に会話が出来る〜

何ナノ?この快復力は

だからね〜、言ったでしょ〜

この快復力は、驚異的なんだって

こりゃ、次の介護審査で介護度が下がるだろうな〜
特養、入れないんじゃない

きっと、グループホームの環境が、お爺ちゃんに合ってるってこと。

「常に誰か側にいる」って、やっぱり認知症の人には大事なことなんだ。


家に帰ってきた時、迎えてくれる人がいないのは
とても寂しいな〜…
朝、独りで朝食を取るのも、ちょっと寂しい…。

お爺ちゃんのお世話、嫌いじゃなかったな。

一緒に暮らしてると、煩わしことも多いけど
お爺ちゃんに救われてた部分も多かったんだね。

でも、ある程度距離を取った方が、お互いを思いやれる分もあるし。


帰り際、スタッフの人と腕を組んで、
「バイバ〜イ また来てねー」って手を振るお爺ちゃん。

ついこの間まで、「家に帰る〜」って大騒ぎしてたくせに…。

いいもん お爺ちゃんがいない分も、家で頑張るから。



Profile
お庭づくりの参考にお勧め。
素敵なブログがいっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

  • ライブドアブログ