Maple Garden ☆ Begins!

ガーデニングビギナーダイアリーは新タイトルに。 相変わらず雑草に負けないガーデン作り。

2013年03月

お爺ちゃんのこと

去年の夏から、調子を崩していたお爺ちゃん。
「認知症が悪化して、介護5になった」というお話は以前したはず。
秋から専門の病院に入院して、4ヶ月経つ。

予定していた入院期間は3ヶ月。
病状は、1月後半から周辺症状も安定して、だいぶおちついた。
2月には、退院許可がでたのだが、長くなっていたのは、
「このまま自宅での生活が難しい」という
医師とケースワーカーさんの配慮があったから。
(認知症専門の病棟がある病院じゃないと、
ここまで考えてもらえないみたい。)

退院後の生活について、
旦那と病院の間で話し合いがもたれた結果、
「施設入所を前提に、
空きがでるまでこのまま待機する」ということに。

私は、嫁の立場なので、話し合いには参加しなかった。


家で生活させるとすると…誰かがお爺ちゃんに付きっ切りで
世話をしなければならない状態になる。

もちろん車椅子生活だが、
よろけながらでも歩くことが出来きる。

認知症だけで介護5。 
危険なこと、危険じゃないことの判断が自分ではできない。

だから、外に出てしまったら帰ってこれなくなる。
家の外は民家がなく、
原野と荒れた雑木林が広がっているからだ。

それは、ただの徘徊ですむものではなく、
時期が悪ければむしろ「遭難」。
消防団や警察の「捜索」の対象になってしまう。

日中ならデイサービスがあるけど、夜は?
お爺ちゃんは縁側からも外に出るし、玄関の鍵も開けてしまうし…
以前も深夜に徘徊されて、
真っ暗な畑に旦那と二人で探しに行ったこともある。
月でも出ていないかぎり、真っ暗な原野。
野生動物も普通に動きまわっているような
恐ろしげな暗闇を懐中電灯だけで探し回る不快感。

お爺ちゃんは、暗闇の茂みから出てきた。泥だらけで。
旦那と二人で泣いた。こんな状態が悲しいかった。

昼夜なく常に見ていることは、
私達は二人で働かないといけないため、難しい。

おとなしく、言う事を聞いてくれればいいけど、
お爺ちゃんは自分がマトモだと思っているので、
「まってて」も「ここにいて」も通じない。
「動きたい時に、動きたいから動く」のだ。

だからといって、部屋に閉じ込めておけば、それは「監禁」。
安全を守るためとはいっても、拘束することも出来ない。

地域の駐在さんや消防団長さんからも
「施設に入所させては?」といわれては、家族も決断するしかない。

「家に帰りたい。つれて帰ってくれ」という
お爺ちゃんの頼みは、もう聞いてあげられない。

辛いけど、お爺ちゃんの安全を守ってあげなければ…

施設の申し込みに歩いた。
いろいろ勉強になった。

特養は、費用が安いけど、寝たきりの人が優先で、
介護5でも認知症だけの人の入所は難しいこと。

老健は、お爺ちゃんみたいな持病持ちで
薬をいっぱい飲んでいる人は
申し込み段階で難色を示されること。

有料老人ホームは、介護度があまり高いと入所できない。
そして高額。

グループホームは、地元住民しか入所できないので
数が極端に少ない。しかも高額。

施設入所となると、我が家にとってのモンダイは
入れる施設が少ないということと、
しかもいつ入所できるか分からないこと、
そして「経費」。

まずは経費。
お爺ちゃんの年金と、少しの蓄え。
それと義弟からの多少の援助。旦那と私からの援助。
それが賄える金額の全て。

金銭的に一番、継続可能なのが「特養」
待機のモンダイは
入所には最低2年は待たされること。

高額だが比較的入りやすいのはグループホームだ。

このまま2年も病院に置くわけにもいかない。

苦肉の策が、グループホームがあいたら
ソコに一旦は入所させて、
特養が空いたら移す こと。

お爺ちゃんに手がかからなくなる分働けば
2年ぐらいどうにかなる。

そう覚悟を決めた。



入院4ヶ月目、3月16日。

そんなおり、申し込んでいたグループホームの入所決定の連絡があった。

新しく開所するグループホーム。お義姉さんたちの家からも近い場所。

とりあえずよかった。


春。 私達家族は新しいステージに。

不安もあるが、前に進もう。

お爺ちゃんも私達もきっと、
持ち前のバイタリティで乗り越えていけるだろう。




DO YOU HEAR THE PEOPLE SING




DO YOU HEAR THE PEOPLE SING

Do you hear the people sing?
Singing a song of angry men?
It is the music of a people
Who will not be slaves again!
When the beating of your heart
Echoes the beating of the drums
There is a life about to start
When tomorrow comes!

Will you join in our crusade?
Who will be strong and stand with me?
Beyond the barricade
Is there a world you long to see?
Then join in the fight
That will give you the right to be free!

Do you hear the people sing?
Singing a song of angry men?
It is the music of a people
Who will not be slaves again!
When the beating of your heart
Echoes the beating of the drums
There is a life about to start
When tomorrow comes!

Will you give all you can give
So that our banner may advance?
Some will fall, and some will live.
Will you stand up and take your chance?
The blood of the martyrs
Will water the meadows of France!

Do you hear the people sing?
Singing a song of angry men?
It is the music of a people
Who will not be slaves again!
When the beating of your heart
Echoes the beating of the drums
There is a life about to start
When tomorrow comes!

Thanks for watching!!



130310

バラの種が、発芽しました☆
Profile
お庭づくりの参考にお勧め。
素敵なブログがいっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

  • ライブドアブログ