Maple Garden ☆ Begins!

ガーデニングビギナーダイアリーは新タイトルに。 相変わらず雑草に負けないガーデン作り。

2011年11月

くどい肥料の話01(^^)

あまりにもマチマチな、バラの施肥量の情報。
 何か基準を決めないと、良い肥料もどのくらい
 使っていいのかわかんない。
 
 そこでブラドミンを紹介していたサイトの肥料算出方法から
 何とか施肥量を割り出してみました。
 トライアンドエラーでもやってみようと思いました。

 ここからは、くどい肥料の話が長々と続きますぅ(´∀`*)
 私自身は計算してて、楽しかったのですがね。 
 スッキリっっ充実した時間でしたよ(☆゚∀゚ )

 ポイントは
 含有量÷(成分比÷100)=施肥量 
 という計算式 登場するのは次回からですが
 覚えておくと大変便利です〜

 興味のある方とお暇な方はお付き合いくださいませ。

 まずは、結論の【今年の施肥の方針】から
 はじまり☆はじまり



【今年の施肥の方針】

■ 推奨データについて

使用する肥料の必要な施肥量を算出するため
 下記数値を推奨データとする

 使用資材 油粕 骨粉 草木灰

1回の施肥量としては窒素(N)1m2当り20g以内

施肥の時期 12月 6  10月 年3回施肥
 (某ナーサリーの施肥量を参考)
11回あたりの必要な成分含有量と成分比率(施肥量は216g)
       窒 素 リン酸  カ リ 備 考

成分含有量 N7.2g P17.64g 6.48g

成分比率  N3.3%   P8.1%  K3% N1:P2.5:K1



     実際の施肥について

使用する資材 
ブラドミン
5とバッドグアノ
ブラドミン5の成分比(%)N5.4% P7.6% K 4.4
バットグアノの成分比  N0.07% P27.60.21



ブラドミン5とバッドグアノを使用した
有機配合飼料の施肥量と成分含有量(
1本一回分)
     ブラドミン5 バッドグアノ 含有量計  推奨データ

施肥量 133.0g 27.30g 160.00g 

窒素N   7.2g  0.02g  7.22g  7.20g
リン酸P  10.1g 7.54g  17.64g  17.64g

カリK  7.2g  0.05g  7.25g   6.48g

配合飼料のおおよその成分比 N1:2.5:1



■ 施肥の回数

    7月下旬 一番花の咲き終わった後

10月  冬季の休眠2ヶ月前

12月  冬囲いの作業の時期

3回とする



 総施肥量
         ブラドミン5 バッドグアノ  合計施肥量

1本施肥量  133g  27.3g  160g

年間施肥量  339g  33.0g   480g

24本分    9576g  1944g 11520g

施肥回数 年3回 バラの本数24本として



■ 資材購入

ブラドミン5 15kg    一般価格 2,583円 
         会員価格 1,691円 
         37本分(川合肥料)

バッドグアノ 2k 価格 800円 24本分

有機配合飼料価格2490円〜3383円(年)   
1本あたりの単価
103円〜140

※通信販売の場合の送料は含んでいません

続く〜

追伸 ブラドミンは納豆の匂いがする〜 効きそう〜


 


 


 


 


 

庭の冬支度(前半)

初雪が降って、そろそろ庭の冬支度。
毎回1日では終わらないので、前半戦を明日行うことに。

バラの消毒→庭木とバラの結束→
バラの施肥→クレマチスなど宿根草の施肥→
落ち葉でマルチ とここまで

どれも大切な作業なんだけど、
特に今年力をいれてみたいのは
「施肥」。

今期の施肥は春先に行ったのですが、肥料の効きが
遅かったみたいで…
一番花の開花とシュートの立ち上がりが同時に起こる事態に。

花期がそろわないし、シュートのピンチのタイミングが合わない。
樹形も乱れるし、良い花が少ないし…

春先の施肥は作業が楽でいいけど、
そんな弊害もあるのね〜

肥料自体はなにを使おうか…と、ネットをグルグルして
値段も手ごろなのを見つけましたよ。

川合肥料の100%有機ペレット「ブラドミン5」

主な仕様:分析例:窒素5.4% リン酸7.6% 加里4.4% 
苦土0.9% 内容量15kg 形状:ペレット3.5mm

この「ブラドミン5」はいろんなブログで紹介されているので
知っている方も多いですよね。
バラ苗販売の「ピーキャットローズ」さんでも
お勧め品として取り扱っています。

うちか15キロでも、畑やブルーベリーに使えるから
全然問題なしよ。
しかもこの値段!! うれしいです
私は「薔薇栽培を成功させる為の”コアな話し」の記事が面白くて
そこで川合肥料のあつかう素材が紹介してあったのを参考に
取り寄せてみたの。
このサイト、肥料の計算のしかたなど専門的なことを
わかりやすく書いてあるので、べりーいんたれすちんぐ☆


そんなこんなで、使ってみます


メドゥーガーデンを作りたい!!

うちの裏にある広い原野(耕作放棄状態の畑)に、
メドゥーガーデンを作れないだろうか?

庭づくりを始めたころ、出会った本
「庭と地域に自然を呼ぶ カントリーガーデン入門」

“庭作りは、地域の景観を作ること”
その考え方に、強く感銘を受けました。

庭作りを個人の家庭の趣味から、
地域の美しい景観づくりに貢献するランドスケープの創造へ。

“志”の高さって、人のモチベーションを高めてくれるもの。
怠け者の私が、ここまでガーデニングに没頭できたのは、
この考え方を自分の庭作りの原点と決めたから。

ただただ荒れていくばかりの原野を前に途方にくれていた時に、
この本に出合えたことで、この場所に“希望”を感じさせてくれた。

その中にあった“メドゥーガーデン”

メドゥーガーデンとは、牧草地などに自生する季節の草花で作るお花畑のこと。

北の方では、北海道の紫竹ガーデンや宮城国体のミックスフラワーメドゥーなどが有名。
ターシャ・テューダさんのメドゥーも憧れる方も多いはず。

ウチにも作りたい!!でも、どうやって作るんだろうって、ずっと思っていた。

いろんなガーデンスタイルの作り方はのノウハウは
ネットや専門誌をあたれば少なからず情報を得られるのだけど、
どこを調べても“メドゥー”の作り方にはいきあたらなかった。

手間も予算もそんなに掛けられるものではない。
普通の花壇のつくり方をしていたのでは、とても広すぎて無理だ。

そうこうして、時間が流れたが、
ここに来て大きく展開をみる。

ガーデン誌“ビズ”が75号で大きく“景観としてのメドゥーガーデン”を取り上げた。

000057

もっとも興味を引いたのが“3.11ガーデンチャリティー”
の取り組みの一環として行われる
「津波災害の悪条件を乗り越え、日本版のメドゥー製作」だ。
これは、岩手の陸前高田と宮城の石巻に
ワイルドフラワーガーデンを作ろうというもの。
岩手では「岩手のターシャ・テューダー」と
呼ばれる吉田正子さんの庭に
広大なメドゥーが誕生することに。
吉田さんの家と庭800坪は三月の津波で全て流されてしまった。
一度はオープンガーデンのツアーで訪れてみたいと
思っていた場所だけど、その憧れの庭は失われたのだ。
ささやかだが庭に愛情を注いでいる一人として考えても、
吉田さんの悲しみはいかばかりかと思う
それでも負けずに、よくぞ立ち上がってくださった!!
もう、感動して涙がでそうよ〜。゜(´Д`)゜。

それにしても、さっすがっっっ!“ビズ”っっ
なんかうれしいなっっ

記事の中には、他にもメドゥーガーデンづくりに取り組む様子が掲載。
うっすらではあるけど、メドゥー作りの方法も…。

よっしっっ 今が取り組み時かも

まずは、試験的に駐車場の裏の草地を利用しよう。
面積は、3.5m×2.5mぐらい

今から計画を立てて、来春には種まきだっっ





お爺ちゃん 再入院でございますっっ

お爺ちゃん 再入院です

いろいろいろいろいろ 試練が続いております(p_q*)シクシク

入院中に起こした下痢が悪化して、ひどい脱水になっていました。


かえってきてからまったく食欲がなかったんですよね〜
おかゆも、大好きなお蕎麦も全然食べてくれなくて
どうしたんだろうって心配でした。

退院した翌日、強いめまいで転倒。
手術した足を打撲して歩けなくなったので
退院から二日後に主治医のいる医大へ受診。
別の病院Aにリハビリ入院させることに。
その手続きに二日もかかりました。

入何か食べないと体力が持たないから、
機能性食品や、野菜ジュース、高カロリー食品などで
栄養を補って…家で安静にしてもらって。

入院する病院Aでもベットが空くまで三日かかり
たいへんでした。

その間も下痢は続いていて、脱水状態が続いていたみたい。
入院する予定の病院Aは、お爺ちゃんの内科のかかり付けの病院。
医大の先生に話したら、そっちの先生に話してくれと言われたの。

病院Aでも、「ご飯を食べれなくて困っている」と
先生に話したはずなんだけど
「寝てばかりいるから、歩けなくなるし、
食欲がなくなるんだっっ」と
叱られてしまいました。(p_q*)シクシク

先生もちゃんと聞いてくれないから
看護師さんに様子と経緯を伝えておきました。

やっと内科も受診することができたのは
体調に異変が出てから、何と六日後。

それでひどい脱水状態だったことがわかり、
やっと、手当てをしてもらうことができたんです。

転倒の原因も脱水からの眩暈だったようで…

つくづく、病院側は退院するときの健康状態のことは、
どんな些細なことでも家族に伝えるべきだ!と思いました。

退院後の生活の注意点や、通院の必要性など
在宅で老人介護している家庭にはなおさらですよ。

明日は、病院Aの先生から入院計画について
話があるようですので行ってきます。

最初の受診の時にこの先生はこういったのよ。
「今後もこんな不安定な状態を繰り返すだろう。そのたびに病院入院させてくれ
といわれても困る。日中家族がそばで見ていることができないこの患者の
退院後の生活をどうするか確かめておかないと入院させられない。」

だから、言い返しました。
「退院後は、いままでどおり
在宅で介護保険をフルに使いながら生活させます。
日中家族が見れないの分のリスクも充分理解し、
本人の身体能力の範囲で、できるかぎり生活してもらうつもりです。
施設入所のことを仰っているのなら、だいぶ前から申請して現在空きまちです。
それもいよいよの最終手段だと思っています。
それが本人と家族の希望ですが!何か?


もーっっ逆にこっちが先生や医療機関に聞きたい!!

患者と正面から向き合うつもりはあるのかよっっ
なにがしたくて医者になったんだよっっ!!

あ〜あ〜
こんなこと書くと、ドン引かれちゃうかもね…
でも、 患者家族の本音だわっっ

明日は合わせて病院Aのソーシャルワーカーさんと
お話してみることにしました。

さて、さて、いままで、驚異的な回復力で数々の困難を
克服してきたお爺ちゃん八十四歳。
今回も、堂々の家庭復帰を果たせるか!?
私はお爺ちゃんとがんばるぜっっ!!
以後、乞うご期待( ̄ー ̄)ニヤリッ






2011サンテミリオンバラ園にて

十一月のとある日曜日 サンテミリオンバラ園を訪れてみました。

会員になっているものの、今年はいろいろ忙しくて
ついにここまで秋が深まってからの訪問。

穏やかな秋の日差しの中、
バラの香りを満喫する一日となりました。

この時期に来園するとお得な得点があるんですよ(^^)

園内にあるバラの品種の新苗を一ポット1500円〜予約販売
秋のバラ祭りのチラシ持参の方は、ランチがお安く頂けます

鹿肉の手作りハンバーグを頂きましたが
油っぽくなくて、美味しかったです
昼からハンバーグはちょと…というかたでも
これなら安心していただけますよ

やさしいスタッフのみなさんと
バラの知識が豊富なオーナーさんとの
お話が楽しくて、たいした買い物もしないのに
つい長居をしてしまうの。皆さんいつもスミマセン。

“お約束”ですがオーナーさんがバラ園を案内してくれて
バラ栽培のコツを解説してくれました。
(同じ話を伺うのは何回目だろう
でも、だんだん話しがかみ合うようになってきたので
(私の知識も増えてきているので)会話が楽しいですよ。

いごこちがいいんですよね〜。サンテさんは。

作成中の第二ガーデンも充実してきた感じです。


予約した新苗は、アイスバーグ
(今度こそアイスバーグを!!)

来年の六月ごろ受け取りにいきます。


追伸 お爺ちゃんは明日退院です!!









少し落ち着きましたよ

ブログ1111-02

お久しぶりです(^^)
仕事もお爺ちゃんの様子も少し落ち着いてきました。

お爺ちゃんは大腿骨の人口関節手術のため九月から入院しています。
83歳の高齢なので不安もある手術となりましたが、
術後の経過も良く、リハビリも順調です。

事件もありましたよ(^^;)
(1) 輸血点滴を付けたまま、立ち上がり(超危険!!!)
   そのまま徘徊しようとしたり…(医師が飛んできて大騒ぎになりました)
(2)やっとリハビリが始まると、勝手に退院するつもりになり、
   荷造りをはじめ、脱走決行したり…(荷物はぐちゃぐちゃ。
   何故か自販機からカルピスを20本以上買い込み車椅子に積んで、
   持ち帰るつもりだったらしい。残念ながら御用なり、未遂で終了) 
   偶然捕獲された時間帯に旦那と病院を訪れたので、
   その捕り物の一部始終を目撃することとなった…

ええ…全ての後始末は、
私がやらせて戴ましたっっ!!戴きましたともっっ

本人が危険度を理解していないのが、一番危ないんだよね〜

(1)の時は、先生も来て再検査までする大事になったので本人もビックリしていたし…

(2)の時は、「今日退院だって、あの人が言ってだっけ」って。
  はぁ〜“あの人”って誰だ

 その日に同室で退院した人がいた…
この人は口数が多いおせっかいなおじさんで、
お爺ちゃんにちょっかいだして、二人で張り合っていたらしい。
お爺ちゃんはどうやらその人に
先に退院されるのが悔しくてならなかったみたい。
捕獲された後「俺も方が早く入院したから、
あいつよりも早く帰れるはずだっっ」と言い張るし

さすがに、“きつーく“いいきかせて”(静かに脅して)、
泣かせてしまいました 
きゃーっコワイ 鬼嫁だわっっ ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

片付けたあとは、
泣きまねのボケじじいはほっといてサッサと帰宅。(ほんと鬼嫁)

翌日行ってみたら、ケロッとして「リハビリがんばってから帰る」ってさ。

お爺ちゃんのやる事にイチイチ、“真”に受けてはいけません。
一緒になって、カッカとなっていらんないもの。

危険なことだけは、“きつーく“いいきかせて”(静かに脅して
周りに頭を下げることも“へ”とも思わず、やることを淡々とこなす。
あとは、元気でいてくれれば、それで良いし。
ニコニコ笑って過ごしてくれれば、なお良いし。

お爺ちゃんは“ビズ”が大好き(あの人気ガーデニング雑誌の)
今度行く時は何冊か貸して上げる約束をしています

ブログ111-01










Profile
お庭づくりの参考にお勧め。
素敵なブログがいっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

  • ライブドアブログ