Maple Garden ☆ Begins!

ガーデニングビギナーダイアリーは新タイトルに。 相変わらず雑草に負けないガーデン作り。

2011年04月

福島が好き☆



福島の人達に対する心無い「原発差別」は、
すぐにでもやめるべきです。

地震と津波から逃れてきたのに、
さらに原発事故に晒された被災者に対し、
科学的根拠のない偏見をもっている人たちが
全国にいるということに非難の声を上げたい。

いまだに収束していない原発事故に誰もが
不安を抱えているのは事実だけど、
ここまでの過剰反応は如何なものか。

福島から避難した方から
「放射能物質の飛沫が付着し、
そこから被爆する危険がある」とのこと。

仮に、健康が損なわれるほどの
放射能汚染の疑いがある人を、
この有事のときに何の検査も治療もすることなく、
そのままに放っておくことがあるでしょうか? 
国際的にも注目を集めている事故なのにです。

本当に危険な場所にいた人達は
スクリーニングしていますよね。
そこにいた人たちからだって、
自分自身にも影響がないのにましてや他人に
「飛沫を付着させて健康を害するくらい被爆」
させることができるはずがありません。

差別の理由は幼稚で荒唐無稽なことですよ。

よくわからない危険なモノを排除したい
その気持ちは理解できないわけではありません。

いまだに収束しない福島原発は
確かに恐ろしいものはあるけど
でもその不安や、
はっきりしない政府の情報に対する不満を、
福島から避難してきた人たちに向けるのは、
絶対に間違っていると思います。

人的な災害とも言えるこの差別に
声を上げて問題提起をしてほしいです。

差別している人達も
自分の態度を省みる良い機会になるのでは?

東北の人は総理による風評防止の
パフォーマンスなんて期待も評価もしていません。

そんなことしなくても、
一人ひとりが大きな心に立てば、
堅実な判断は出来るはずです。


うつくしま・福島

福島の磐梯スカイラインは
すばらしいドライブコース。
いい温泉もたくさんあります。

福島のいちご、さくらんぼ、桃、梨、
葡萄などの果物は
ホッペタが落ちるほど美味しい。
旬に季節にまた行きたいです。
水平線が見える浜通りの美しい海岸線。
昇る朝日に光る海のなんと感動的なことか。
そしてなにより、旅でふらっと訪れた人にも、
親切で、心が温かい…。

守りたいです。

大好きな福島
大好きな東北。



凛として旅立つ〜坂の上の雲主題歌




Stand Alone

ちいさな光が 歩んだ道を照らす
希望のつぼみが 遠くを見つめていた
迷い悩むほどに 人は強さを掴むから 夢をみる
凛として旅立つ 一朶の雲を目指し

あなたと歩んだ あの日の道を探す
ひとりの祈りが 心をつないでゆく
空に 手を広げ ふりそそぐ光あつめて
友に 届けと放てば 夢叶う
はてなき想いを 明日の風に乗せて

わたしは信じる 新たな時がめぐる
凛として旅立つ 一朶の雲を目指し



日本は戦争の焼け野原から立ち上がった国です。
三陸だって「釜石艦砲射撃」や
近年の二度に渡る津波の大災害を
乗り越えて来た歴史をもっています。

人間はもともと後ろばかり見ては
生きられない種なんです。
絶対明るい方向へ向かって進まずには
いられない根源的な力をもっていると
信じたいです。



登っていく坂の上の青い天に
もし一朶の白い雲が輝いているとしたら
それのみを見つめて坂を登って行くであろう
(NHKドラマ 坂の上の雲のナレーションより)


痛みも、喜びも分かち合って、
ひたすらに前を向いて、坂を上り続ける。
立派な人間ではありませんが
少しでも、そうありたいです。


今年のガーデニングのために
貯めていたお金の中から、
昨日、義援金を送付しました。
(それでも微々たる金額(。・ω・)ノ゙)

今年はあれもしよう、コレもしようと
考えていましたが…

庭は、今欲張らなくても
充分に楽しむことができますから(* ̄∇ ̄*)エヘヘ。

自粛を先導するつもりはないですよ。
皆さんなりのやり方があるはずですからね。

だた、ちょっとだけ大好きなものを我慢して
痛みを共有したかったんです。
それが、自分のためにも意味のあることのような気がして。
(被災者の皆さんの苦しみには到底適うものではないけれど)

庭仕事、土曜日から始めています。

「迷い悩むほどに 人は強さを掴むから 夢をみる」

Stand Alone
この歌詞が好きです。
サラ・ブライトマンが歌うバージョンと
森麻季さんのバージョンがあります。
作曲は久石譲です(o^∇^o)ノ



三陸の被災地と
南相馬を初めとする福島の
原発被害の地域を応援します。



南相馬市HP
http://www.city.minamisoma.lg.jp/
Profile
お庭づくりの参考にお勧め。
素敵なブログがいっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

  • ライブドアブログ