Maple Garden ☆ Begins!

ガーデニングビギナーダイアリーは新タイトルに。 相変わらず雑草に負けないガーデン作り。

2008年06月

1周年そして100回目

100 1周年そして100回目


100-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで、100回目の更新を向かえました。そしてブログ開設1周年です。

写真は2年目のプリチチです。蕾がたくさんついて去年よりゴージャスに咲いていますよ〜。振り返ってみれば、ブログを立ち上げた一年前は、ほんとのガーデニング・ビギナーで、随分と皆さんに教えてもらうことが多かったですね。いつまでもビギナーとはいってられないんですが、まだまだやって見なければ分からないことだらけ。当分ビギナー状態は続きそうです。

100回を記念して何か作ろうかと思ったんですが、ナカナカ気持ちの余裕ができずに、何も考えていませんでした。ごめんなさいです夏ずきたころには、ウェブアルバムの第二段が出来るかなぁ?まだ未定です。

ホントは庭の写真でポストカードとか、メモ帳とか作りたいんだけど…(仕事がら作るのは可能なのですが…)  うぅ〜ん。欲しい人いるかしらね〜。 友達にリサーチしてみようかな? まあ、ゆっくり考えましょう。

ともあれ

ここまで、飽きずにお付き合い下さいまして、本当にありがとうございます。

毎回くだらない話ばっかりで、恐縮しておりますが、これからもコツコツと庭づくりに励んでまいりますので、応援宜しくお願いいたします。

100-02

 

 

プチトリアノン

99プチトリアノン


099-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに、バラが咲き出しました プチトリアノンの一番花です。

はじめまして〜 よろしくね〜

シャーベットピンクの綺麗なバラです。

蕾もいっぱい うれしぃぃ

“ベルバラ”ファンのあなた もうお分かりでしょう あの王妃マリー・アントワネットが贅を尽くして建設した“プチトリアノン離宮”の名前を冠したバラです。

肖像画の中の彼女が持っている薄いピンクのバラをイメージして作られたのだとか…。ヴェルサイユ宮殿庭園長とメイアン社の親交により誕生したそうです。

ウチのような田舎くさい庭に不釣合いな、高貴な雰囲気を漂わせて庭の一等地に鎮座して咲いております。でもなんだかお恐れ多いなぁ〜 庭主が私でごめんね〜って感じです。

ここに来てくれて、ありがとう。 頑張ってお世話するから、大きくなっていぱい花を咲かせてね

      • プチトリアノン
      • 仏 メイアン社2006年
      • フロリバンダローズ
      • 花色 ライトピンク
      • 花形 丸弁ロゼット咲
      • 花弁数 25から30枚
      • 樹高 1.2メートル
      • 樹形 直立性
      • 芳香 微香

099-02

 

 

 

ラークスパー

98ラークスパー


098-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

以前は一年草のデルフォニュームとして扱われていたこともあったそうです。そのためデルフォニュームと同じ環境であればよく育ちます。少し繊細ですが花の雰囲気も似ていますね。葉っぱはも細くってホワホワ優しい感じです。

デルフォニュームをナカナカ夏越し・冬越しさせられない私。どうせ一年きりの付き合いならラークスパーのほうが扱いや肩がこらなくって好き。自信がついたらデルフォニュームもリベンジしたいですね〜。今年は3本植えました。バラのそばに植えて楽しんでます。

  • ラークスパー
  • キンポウゲ科コンソリダ属
  • 秋まき1年草(寒地では春まきも可)
  • 草丈 : 50〜70兪宛
  •  栽培場所 : 日なた
  • 生育適温 : 10〜22℃ 発芽適温 : (10〜)15℃
  • 覆土 : 嫌光性なので、タネが隠れるよう5个曚錨擇鬚ける
  • 用土(定植時) 水はけの良い土にする。また酸性土では発育が悪いため、石灰を少し混ぜると良い
  • 栽培ポイント   直根性。移植が苦手です。種まきは直まきか大きめのポットに。東北地方では3月にまいて7月に開花させることもできます。
  • 蒸れに注意。乾燥を好む。水やりは控えめに。
  • 最初の花茎から咲いた花は、早めに切り取ると、その後の花も小さいながら楽しめる。
  • 連作が苦手。翌年同じ場所に植えないようにしましょう。

 

ローラアシュレイ

97ローラアシュレイ


097-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローラアシュレイが咲き出しました。小さな可愛い一重咲きのバラです。系統はミニのクライミングタイプですが、グランドカバーっぽく使いたくて低めに誘引しています。濃いピンクの花びらに黄色のシベのコントラストが魅力的です。“のぞみ”と“マジョリーフェア”から生まれた品種。 バラのモチーフのファブリックを扱うファッションブランド「ローラアシュレイ」と同じ名前。色合いが大人っぽくて好きです。いっぱい蕾をつけているので、長く楽しめそうです。

  • Laura Ashley
  • R・Chewharle CLMin 返り咲き
  • 花の大きさ 3センチ
  • 樹高 2.0メートル
  • かなり旺盛に伸びる。枝は細めで誘引しやすい。
  • ハダニに注意 

097-01

 

 

 

 

ナスタチウム

96ナスタチウム


096-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナスタチウムが咲いています。一年草の苗を植えました。班入りの葉っぱのものがあって、花のない時も楽しめそうです。ハーブの仲間で食用にもなるとか…花柄摘みのときにほんのりワサビっぽい香りがします。元気なビタミンカラーがこれからの庭にピッタリ。うまい具合に匍匐してグランドカバーになっています。

ナスタチウムとコギーとターシャ。ナスタチウムをみながら絵画のようなあの写真を思い浮かべて、せっせと草取りに励む朝。気持ちいいです。

  • ナスタチウム
  • 年生 : 1年草
  • 草丈 : 1〜2m
  • 開花時期 5月〜9月
  • ふやし方 : 播種・挿し木
  • 種まき 春のお彼岸〜5月上旬
  • 植える場所 日当たり(乾燥しすぎない場所が好き)
  • 土 肥沃な水はけのよい土
  • 株間 50センチ〜80センチぐらい空けて植えつける
  • 水やり 乾いたらたっぷり。乾燥しすぎると生育が悪くなる。
  • 育て方のポイント 夏の高温が苦手。盛夏前に株を充実させ、開花がストップする真夏はツルを1/2程度きり戻しをする。 

 

 

 

 

ベロニカブルーフォンティーン

95ベロニカブルーフォンティーン


095-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

澄んだブルーの色が綺麗なベロニカブルーフォンティーン。

背丈もあまり高くなくってコンモリまとまった株になります。この株で2年目。宿根草の中には苗を植えつけた年に開花しないものもあるんですね〜。去年は咲きませんでしたもん。

花はとっても繊細で、可愛いです。

ベロニカは、夏によく咲く宿根草の“トラノオ”の仲間なんですよ。枝の先が花穂になるんですね。葉の形は違ったりするけど咲き方が似てます。日本名を「ルリトラノオ」というそうです。種類も豊富で、うちには青いベロニカが三種類あります。集めているわけじゃないんですが、「青くて〜、風に花穂がゆれるタイプで〜、花期が6月頃から7月半ばまでのやつで〜、高さが25cm〜40cmぐらいの、日当たりが好きな宿根草」を探していたら、ベロニカとか、この前のキャットミントとか似たような物が多くなってしまいました。そういうの、大好きなんです

どちらかというと、さりげない脇役的なベロニカ。まだ主役の登場していない庭で、自分のパートを一生懸命チューニング中という感じです。(その健気さが愛しい〜)

095-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  •  
  • ベロニカ ブルーフォンテン
  • ゴマノハグサ科 
  • ベロニカ属
  • 耐寒性強 宿根草 
  • 別名 ルリトラノオ
  • 開花時期 5月〜7月
  • 草丈は、30〜40cm カーペット状に広がる
  • 植える場所 日当たりや水はけがよい、肥沃な場所を好みます。

今朝、地震がありましたね。震源が県内だったので驚きました。県内で震度6強を記録したのは観測以来かもしれませんね。

建築関係の会社で働いている旦那。

今日は秋田の大仙市(大曲)の現場だったので心配しました。(震度5だったんです) 

こんな大きな地震が起きると携帯電話が繋がらなくなっちゃうんだぁって、初めて体験しました。

タダでさえ危険な建築現場、ほんとに災害時に連絡がとれないと…。ちょっと恐かったです。

携帯が通じたのは1時間以上たってからでした。何事も無かったようですが、安全が確認されるまで工程がストップするそうです。

 

まだ、余震が続いています。

震度6にも達した大地震のあとだから、ちよっと用心が必要かも。そんなに心配はいらないだろうけど、せめて、すぐに連絡のとれる場所にいるようにしたいなって思いました。

 

岩手県南・宮城県北部で今回の地震。被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。まだ油断のならない状況は続いておりますが、今後の余震、二次災害等に充分注意なさって下さい。皆様が一日もはやく立ち直って、平穏な日常を取り戻せますよう、何よりお祈り申し上げます。

 

 

ブルーキャットミント

94ブルーキャットミント


094-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーキャットミントが満開です。

ラベンダーとよく間違えられるのですが、これはれっきとしたミントで、ラベンダーより株が大きくなります。雰囲気は似ていますよね〜。ミントの香りというより…何?ちょっとだけチーズっぽい香りがします この香り、猫が大好きだそうで…。まさかって思ってたんですが、やっぱり好きみたいですよ。野良猫くんたちが遊びにやってくるようになりました。(お願いだから、花壇をトイレにするのと、中で遊ぶのはヤメテね)

少しつづ切りもどして、玄関とかに飾ってます

別名をぺネタといいます。すごく種類が豊富でコレクションしたら面白そうです。

少しづつ、咲いてる花も増えてきました。写真は朝に撮影しておいて、そのままカメラの中に入れっぱなし…

今ね、仕事が忙しくってブログの更新もナカナカできずにおりますぅ

来週には一段落しそうなんで、平日に休みをもらうことにしています。

ギャバのCMソング゜…「終わらない仕事はない〜(略)でも次の仕事がまた始まるだけ〜」って感じで、ゲンナリ まだ、リゲインの歌「24時間戦えますか」(なつかしぃ〜、時任丸三郎太)の方が歌って元気になるってもんです。

今日は日曜なんですが、これから出勤します。今週も頑張れ自分な日曜日になりました。

どうか、今月は休みが取れて楽しみにしていた「バラ園」周が出来ますように

 

アルメリア

93 アルメリア


093-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルメリアが満開になりました。私の庭にも初夏がやってきましたよ。

アルメリアのナチュラルな感じが好きです。花もコロコロして可愛いし、花がないときも、葉っぱは丸くこんもりと超コンパクトに茂りとってもお行儀がよいんです。たった二株しかありませんが、よく移植に耐えてくれて毎年可愛い花を咲かせてくれます。もう少し株を増やしたいところですが、初夏を過ぎると忘れ去られてしまうんですよね〜イカン・イカン(だから…ゴメンって言ってるじゃんでも大好きなんだよ)

今年はこれに花がよく似た「チャイブ」を種まきしましたが、どうやら失敗したらしく、発芽しませんでした…悔しいなぁ

耐寒性が極めてよく、ホトンド常緑。霜に当たると赤くなりますが、春本番にはちゃんと復活してくれます。ほんとに、いい子だわぁ。

いつも緑でいてくれて、ありがとうね

093-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い花もあります。あらら〜?ピントが甘かったみたい

  • イソマツ科 アルメリア属
  • 耐寒性常緑多年草
  • 草丈 20センチ
  • 開花時期5月下旬から6月下旬
  • 植える場所 日当たり 乾燥に強く、とくに土質を選ばない

 

Profile
お庭づくりの参考にお勧め。
素敵なブログがいっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

  • ライブドアブログ