Maple Garden ☆ Begins!

ガーデニングビギナーダイアリーは新タイトルに。 相変わらず雑草に負けないガーデン作り。

家事をしっかりやると…

暖かい日が増えてくると、活動的になる。

「さあ、何か初めてようかな」と、思った時に

家の中が片付いていると、次の行動にすぐに移れる。


朝に弱いアタクシ。
中々、朝に家事をこなすのが、苦痛だった。


休日は、農作業や、庭仕事がない日はのんびり休みたい。
週末に、たまった家事をこなすのも、苦痛意外ノナニモノでもない。
やりたいことの前に『かたずけ』から始めるのも、尚更嫌なものだ。


そこで、対策をとることに。


それは、『THE 夜家事.』


幸いなことに、隣家から離れているので、
夜の9時過ぎに掃除機をゴーゴーかけても、あまり近所迷惑にならない。

洗濯も、食洗器洗いもOK!


要は、週末に家事をためずに、その日の家事はその日の内(夜)に♪
(当たり前か?…皆さんはそれ普通にやってるよね〜きっと…夜ではないだろうけど)


これで、毎日ゆっくり「朝」を過ごせるし、

週末を片づけに追われず、充実した時間を過ごせる…というわけだ。

体質的に夜型なので、家事が深夜に及ばなければ出来そうかな?


そう!!


「さあ、何か初めてようかな」と、思った時に
  すぐに次の行動に移れるようにね〜

やりたいことイッパイあるもの。

夜にくだらない、テレビ番組見てるよりは、家事をしていた方がずっと価値的よね〜




 

タブレットから更新してみた

本日は、タブレットから更新してみました。
キーボードじゃないから、テキストが入力しずらい。

呟く程度なら、いいかな

pcより手軽なかんじ~

写真も撮影できるけど、構図の作り込みに限界があるから、思うような写真が撮れんし。


使っていれば、慣れるかしら?

しばらくお試し期間は、続きます。

ネグンドカエデケリーズゴールド

ネグンドカエデケリー

道路に面した駐車場の脇のスペースが結構空いている。隣家の牧草地を挟んで、バイパス工事が進んでいる国道から良く見える場所。現状は暴風ネットを張った単管パイプの簡易フェンスが設置してある。機能的には良いのだが美観が優れないのが難点だ。

外界(笑)から良く見える場所は、家の顔になる。全長12mはあるので、地域の景観美可に貢献したいワタクシとしては何とか改善したい所だ。

昨年の秋ごろから、この場所をフロントガーデンとした植栽計画を練り始めている。紅葉の綺麗な生垣や、一季咲のツルバラや鑑賞時期の長いシンボルツリー、コニファーなどを取り入れた植栽を計画中。植栽が大きくなったら、単管パイプのフェンスを撤去できて、かっつ風よけ対策になるようにしたい。

シンボルツリーは何にしようか。鑑賞期間が長いものがいい。あまり大木にならない木がいい。しかも遠くからも目立って葉っぱが綺麗な木。でも花には期待しない(蜂が増えるから)。

葉っぱが綺麗なカラーリーフって素敵〜。
ダークなスモークツリーのパープレア、斑入りのヤマボウシ、季節によって葉の色が変わり紅葉も美しいメイプルレインボー(花散里)、黄金葉のニセアカシアフリーシア…

どれも鑑賞時期が長いのだが、背景によっては存在感を発揮できない。

綺麗な斑入りの庭木やは、種の葉っぱの『黒〜濃い紫』は、背景がある程度の色が「面」で構成されてないと目立たないのだ。

斑入りは明るいが散らばってまとまりがなく、ダークなパープレアは雑然とした背景では、後ろが透けて見えるほど埋もれてしまう。


予定の場所の背景は外から見ると、我が家の住居、ビニールハウス、畑、そして空(笑)。色彩としては明るいし、雑然とした印象になる。
だとすると、パープレアや斑入りの葉っぱの木、一本はでは目的を果たさないということだ。

一本で目的を果たす木となると…オーレア種、黄金〜黄緑色がベスト。ということか。

オーレア種の葉っぱは、わりと背景を選ばない。雑然とした場所でも良く目立つ。

黄金葉というと、蓼科のバラクライングリッシュガーデンのニセアカシアフリーシアが印象深い。
あれ程デカくなられても困るし、アカシアの棘は勘弁してほしいが…。

そうすると、スモークツリーや、アメリカハナズオウのオーレア種。
そういえばネグンドカエデのオーレア種もあった。

ネグンドカエデなら、6年前から育てているので管理の仕方も何となくわかるな。
樹高も調整すれば4〜5m位で管理可能だ(枝が柔らかいので剪定が楽だし)。
ある程度の半日陰でも何とかなりそう。成長も早い。

写真は昨日届いた、「ネグンドカエデ ケリーズゴールド」。

園芸ネットで購入。

検索してたら、一本750円で販売されているお店もあった。
「これは!!」と思ったが、次に見た時は売り切れでした。

手頃感があった商品がこれ。

ぐるぐる考えて(笑)やっとお迎えした。

ここも、小さい苗からじっくり時間をかけて育てるの。

他の購入予定には、コニファーのヨーロッパゴールド。
値段は何と800円。それもそのはず0.2m。
しかも1年枯れ保障つき〜

考えてるわりには、買い物がセコイよね。























認知症介護の顛末

お義父の介護から手が離れて、そろそろ二年になる。

うちのお義父さんのケースは、『あれ?何か変だな?』と感じから、意識障害を起こすレベルに達するまであっと言う間だった。

だから、家族(私と旦那)は、問題行動の対処療法に追い立てられる日々を送ることになった。

昼夜問わずの徘徊、独り言や叫び声、介助の拒否など…徘徊では後ろの林に立て篭もり、大規模な捜索隊が招集される事態にまで発展したことも。(突入は未然に防げたが)

もっと大変だったのは、ハンギングストライキと意識障害だった。

こればかりは直接お義父さんの命に係わることなので、様子を見て…なんて甘いことは言ってられない。
夜間病院に連れていったことも一度や二度ではないし。(そのたびに『どこも悪くありません』といってあっさり返されるわけだが)

介護支援も介護3から、適用サービスを拡大するために区分変更を緊急申請。
週1回だったデイサービスも、一か月毎に回数を増やし、ピークでは週5回となった。

まだ、デイは良心的に対応してくれてだいぶ助かった。
性質が違うためか、ショートステイは大変厳しく、
看護師に罵倒されたあげく利用拒否までされてしまったことも。

うちは、共稼ぎでなければ家計が成り立たない。お義父さんを養うことだって、それで賄ってきた。
だから、二十四時間見守りが必要な認知症の介護は現実的に無理。
お義父さんには、何が何でも介護サービスを利用してもらはないと、暮らしも安全も守れない状況。
認知症の問題行動は医師の診療のもとでのコントロールは必須のことだ。

そんな理由からケアマネージャーさんのアドバイスもあり、思いっ切って精神科の開業医を受診した。


専門医に診てもらえば、今までどおりにお互いに安全に安心して暮らすことができるはず。

藁をもすがる思いで、認知症専門医と言われる精神内科を受診した。

薬の調整のために2週に一回の通院を進められた。

介護と仕事の両立をするために、ケアマネさんと綿密に計画を立てたり、仕事の時間を調整したりとお義父さんの症状が落ち着くまで頑張り、この困難を乗り越えようとしていた。

ところが…事態は悪化したのだ。

薬を飲み始めてから3日もしない内に、意識混乱状態に陥った。

意味不明なことを叫び続けるようになり、目を見開いているのに呼びかけに反応しない。トイレも自分で行けなくなり、自力で立つことも歩くこともできない。(身体能力的には立てるが、体を動かす意思が働かない。) それは食事をする時でも同じで、目覚めたように反応が返るようになっ時だけ食べだすのだが15分もするとまた、無反応になる。『食欲がない』というレベルではない。一日中水すら飲めないときがある。口まで運んでも飲み込もうとしないから、含ませたとたん端から流れ出るのだ。

2週間に一回の診察だが、この状態は絶対に異常だと思い、慌ててその精神内科を受診する。
医師に症状を説明したが、薬を処方したばかりでは判断できないので、このまま様子をみるように言われた。

薬の効き目が落ちすけば安定するのか?と疑問に思いながらも帰宅。
医師にそういわれては家族も介護スタッフも従うしかない。

ケアマネさんとデイサービスのスタッフ、ヘルパーさんと緊急会議を開いて対応を検討した。

車椅子を準備して、家の中の移動を対応。家でのトイレ・着替え・食事の介助はデイ利用以外旦那と私が対応。
デイの送迎は私が役割を担うことにして、仕事時間を調節して家でも仕事ができるようにした。
こんな状態でもデイのスタッフは献身的に対応してくれて、ありがたかった。
介護認定の区分変更も認められ、ついに介護5のケアになった。



この状態での在宅介護は無理がある。旦那と二人で特養を申し込みに歩いた。
近隣の市町村の特養はすべて申し込んだ。その数は十数か所。

介護5でも、家族がいて在宅介護からの入所は難しいらしい。
さらに認知症で周辺行動がひどいと、申し込みすらできない施設もあった。

そうなのだ、まず認知症による周辺行動のコントロールしなければ何とも前に進めない。

何より心配なのが、身体の状況だ。水や食事をまともに取れない日が何日も続いている。

夜中に意味不明なことを叫び続ける姿は、いくら呆れたガンコ爺でも哀れで仕方がない。

様子を見てくださいと医師に言われたが、このままでいいわけがない。

せめて、ご飯が食べられるようにしてもらえないかと、お義姉を伴って医師に相談にいった。

そこで、医師から信じられない発言がかえってきた。

『一週間ぐらいご飯を食べなくても死なないから!』

私は耳を疑った。水もまともに飲まないんだから、脱水になるかもしれないでしょ!!死なないって何!!
怒りが込み上げてきたが、冷静にもう一度問いなおした。
このままでは、弱って死んでしまうかもしれないと思ったからだ。

『薬を飲み始めてから意識障害みたいになってます。薬が合わないことってないんでしょうか?』と食い下がった。


医師:『お爺さんが、また徘徊するようになってもいいのか!! 家で誰か見てれば解決する問題だ!』

私:『共稼ぎなのでそれはでは生活していけません。施設も申し込んでいますが、認知症の周辺行動が落ち着かないと入所も難しいといわれています。』

医師:『介護サービスを使えばいいだろう!!ケアマネに頑張ってもらったどうだ!』

私:『もうすでにフルサービスで満額利用しています。それでもこれ以上は医師の治療が必要なのではないですか?まだこのまま様子を診ろとおしゃるのですか?もう少し状況にあわせた薬の調整はできないのですか?』

医師:『ここはクリニックで入院施設はないから、うちとしては家族で診てもらうしかない。そうゆう治療が必要なら他の病院へ行け!』

相談もなにもあったもんじゃない。これでは診療拒否ではないか。
しかも、薬を処方した医師の言葉とは思えない。
なんて無責任な医者なんだろう…としばし言葉を失った。

私:『…わかりました。では入院施設のある精神内科を紹介してください。紹介状を書いていただけませんか。』

診療室が一瞬、シーンとなった。

医師が溜息まじりに、言い放った

『私はこの患者さんを見て3か月もたっていない。そんな患者の紹介状何か書けるわけがないだろう!』

これは、医者の言葉だろうか?

この医師は県内の認知症家族会の前で講演を開くほど有名な人だ。
地域でも、認知症の名医として評版がいいことでも知られている。

その医師に、まるで診療を拒否するようなことを告げられた。
紹介状すら書けないという。

私は諦めた。やめた。

この医者は、患者の変化に対応する知恵のない医者だ。
患者は生きていて病気と懸命に戦っているのに。生きているから、良くなったり悪くなったりは当たり前ではないか。薬に対する説明もないし、水も飲めなくなった患者に『食べなくても死なない』とは…患者を動けなくして家族に介護をさせそれで、自分の診療内容に疑問も持たないなんて…

こんな医師に診てもらう必要がない。

『よくわかりました。今回分の薬を処方していただければそれで結構です。』

そういいって、診察室を静々と出た。



薬はもらったものの、お義父さんの意識の混乱状態がつづいていた。

苦しいながらも在宅介護と仕事の二足の草鞋を履いて、私は次の病院を探していた。

お義父さんの内科主治医のいる病院の相談室のケースワーカーさんに相談したり、大きな精神病院の相談室何かにも連絡してみた。

主な応対は丁寧だったが『本人がどこか具合いが悪くて治療したいという意思があればいいんだけど、認知症の場合それの確認が難しい』とのこと。

認知症の周辺問題行動は、周りが不快な思いをするだけで本人は何ともないのだ。本人に治療の意思がないと対処が難しいわけだ。特に入院して治療となると余計そのようだ。

前の精神内科での医師の対応に、少なからずショックを受けていた私は、そこを押して義父をつれ病院へ向かうことが出来ないでいた。あんまり、おなじような虚しい経験はしたくない。

これからどうしたらいいのか…日々の介護の計画を立て義父の健康状態がこれ以上悪くならないように工夫しなら、この生活を安定させるためにも仕事はペースをおとせないでいた。

そんな仕事と介護疲れが体に影響したのか、朝から頭痛が続いていた日。
義父の身体介助をしている時に、鼻血が出て止まらなくなり動けなくなった。

その時たまたま意識はっきしていた義父は、血だらけの様子に驚き
『大丈夫か??大丈夫か?』と慌てた様子をみせた。
いつも面倒を見てる人が、血だらけなんて介護されてる方は、とてつもなく不安になるに違いない。

タダの鼻血だから別にどうってことはなかったのだが、ちょっとフザケテやろうと思いついた。
いつも世話やいてやってるのだから、イタヅラしたって『なーんちゃって』ですむよね〜って感じで、

『うわ〜!!おとうさん助けて〜くれ〜!!』

って這うような恰好で助けを求め倒れるマネをした。

狙い通り、大慌ての義父(悪い奴だ〜私)しばらく『大丈夫か?休め!』と言い続けていたが、
ちょっとやり過ぎ?と思ってお体を起こし
『鼻血が出て頭がいたいから二階で休むね』
と言って、ベットに移動させて介助を早々に終わらせ部屋を出た。

鼻血の止血を済ませ、部屋へ行こうとしたとき転機が訪れたのだ。


何とベットに寝かせたはずの義父が玄関の廊下に這いつくばっているではないか。

何が起こったのかと駆け寄ると、今度は義父が
『うわー!!腹いたい!!具合い悪い!!助けてくれ〜!!』
と言い出すではないか。

『具わい悪?具わい悪?って言った?』
これは…!!と思って、空かさず本人の意思確認。
『病院に行く?後藤先生に診てもらおう!』

『うん!!胸が苦しい〜助けてくれ〜!!』

キタ〜!!!!!!今しかない!!

急いで病院へ直行!!運の良いことに今日は主治医の外来診療の日!

内科の主治医は、この数か月に起こった義父の認知症の悪化と、痩せ衰えた様子に驚きを見せた。

事情やら飲んでる精神内科の薬を事細かに説明し、このままでは弱って死んでしまう、家では診れませんどうか力を貸して下さい!と力説した。

『内科も精神科も両方の治療が必要なので、内の病院と連携が取れる精神病院を紹介しますの。すぐに向かってください。』

主治医のに事の深刻さを理解してもらえたことが嬉しくて、私は泣いていた。

これが安堵の涙って言うものか。これで、きちんと治療が受けられる。義父の安全を守ってあげられる。

『精神病院には、ご主人と行く必要があります。たぶん保護入院になると思うから』

保護入院とは『治療が必要な患者に対して本人の治療意思が確認できない場合、家庭裁判所の権限で入院治療を受けさせること』だそうだ。だから、まず実子である旦那が直接入院手続きを行う必要がある。
急きょ会社を早退してもらい、紹介された精神病院をその日の内に受診することになった。

精神病院は以外と近い場所にあった。紅葉の美しい庭園の中にひっそりとある。精神病院なんて日常生活の身近に感じない怖い場所だと感じていたが、そんなことはいっていられない。義父に治療を受けさせなければ。

初めにケースワーカーさんとの面談があった。やはり保護入院になるとのこと。

お義姉さんズにも連絡し事情を説明し了解を得て必要書類をそろえた。
夕方までに家庭裁判所へ行き手続きを済ませ…と慌ただしく必要事項をこなして
精神科の先生の受診となった。

『前の先生が処方した薬…調整が上手く行かなかったようです。だいぶ脱水症状がひどいし、栄養状態も悪いです。3から4か月かけて入院してもらって、全身状態も改善させましょう。』

『時間はかかりますが、介護施設が利用できるくらいの周辺行動の安定と健康状態の回復を目指しましょう。』


それから約二年経つが、未だに治療は続いている。入院中は薬の調整が相当苦しかったみたいで騒いだり、暴れたりで心配した。薬で症状が安定してくると周辺行動は見違えるように問題を起こさなくなった。

今は在宅介護は無理ということになり、グループホームで毎日穏やかに過ごしている。

こうして、我が家は認知症在宅介護の困難を打開することができたのだ。


そのきっかけが、私のカマシタ『鼻血でた!助けてくれ〜!』の悪ふざけだったのか?と思うと、何が功を奏するのかわからないもんだ。

実際は義父は胸が苦しかったのかどうか本人もわからないだろう。
主治医の先生の診察を受けていた時はケロっとしていた。

ただ、私の悪ふざけを見抜いて、お返しのつもりでふざけて見たか、
『助けてくれ〜!!』っていうフレーにハマって『俺の方が大変なんだ』とアピールしたかったのか…
イズレちょっとした戯言だったと思う。

でもそのお陰で病院へ連れていく口実ができたのは間違いない。

今思えば、もっと早く主治医に相談していればよかったかもしれない。

でも、前に通っていた精神内科での対応や、ショートステイの看護婦の罵倒に
傷ついて感傷的になっていなかったら、もう少し早く行動おこせたと思う。

介護者と介護ケアサービスを行う側。そして医師。

同じ介護を担うパートナーであるべきなのに、責任を押し付けあうのは如何なものか。
慈愛の介護者を追い詰めないでほしいものだ。

問題提起をすれば切がないことだろう。

お互い寄り添って介護の現実を乗り越えていければいいのに。

その時に起こった、親族騒動のことはまた後ほど。

人生いろいろあるけど、頑張って、胸はって前に進みましょ。












































 

徐々に落ち着く感じです。

生活のリズムって大事だ。

今朝は何か月ぶりで、早朝6時過ぎの朝日を浴びた。

すごい清々しい気分。
体内時計の時間をリセットして地球時間合わせるって、きっとこのコト。

多忙な時期も過ぎて数週間。低血圧でしばらく朝は8時前に起きられなかった。

夜は目がさえて寝付けない。

仕方なくタブレットをベットに持ち込み、ネットでアニメを見続ける夜が続いていたんだけど…

今週あたりから、落ち着いてきたの。

で、今日は朝から好い天気で、久しぶりに、お散歩に出た。
家の周囲の道をブラ〜と一回り。

まだ2月だっていうのに、早春の空気が漂ってる。

農場の牧草地をテクテク歩いてたら、目の前を横切る影…

カラスを追いかけるキツネだった。

野良犬かと思って身構えて、そちらをじっと見つめていると、

私の視線が気になったのかそのキツネと目があった。

何を思ってかそのキツネ。

こちらに向かって腰を落し「お座り」した。

今まで逃げていくキツネの姿は、野良猫の次に頻繁に見たが

「お座り」したキツネと向かい合ったのは、初めて。

誤解のないように言っておくけど…

キタキツネ物語のような映画に出でくるあんな愛くるしい孤ではない。

泥んこでカラスと野鼠を取り合うような野性味にみちたギラギラした眼の
あまり、関わりたくない感じの奴だ。

でも、そんな奴が、コチラを向いて「お座り」だ。

近寄るでもなく、逃げるでもなく…じっとコチラを「お座り」して見つめてる。

さすがにリアクションに困る。
「北の国から」の蛍のように、「る〜、るるる〜」とでも言った方がいいのか?

無理無理無理無理〜(p_q*)シクシク
寄ってこられても、泥んこキツネなんか、勘弁してほしい。
猫もアレルギーで、湿疹が出る。
野生のキツネなんかとんでもない!!

まだ、じっとして動かない。

何やらワタクシから、出ている精神不安定のオーラに釘付か?


いや…これは何か期待しているに違いない。

近くの農場の人に餌をもらったことがある奴かも…。
でも君の期待には、残念ながら応えられない。

でもね〜

お座りキツネと向かい合う機会なんて中々ない。

「しっし!」って追い払うのもね…この状況も面白いからね。


しばし私たちは向かい合って見つめあっていたが、

お互いに干渉しあわない方が良いと、気が付いたらしく。

自然の流れで、その場から立ち去った。

(落ちがなくてごめんね)


春先になると色んな動物に合う。

あと一か月もすると、子ぎつねが、ガレージの周りを兄弟で駆け回る時期がくる。

それがすぎると、鴨の親子の行進や、カモシカ親子のお散歩も…と
か考えながらテクテク歩いて朝のお散歩終了。

外仕事も、今年はいつもより早く始まるかもね。

散歩の効果か、キツネさんの効果か…
朝日を浴びて自然の中を歩くって、体内のリズムを整えるのに最適なんだと思う。

メンタル面の前向きスイッチが入った。
















 

丁寧な生活がいたい

仕事が忙しかったせいで、しばらく家事のすべてを旦那にやってもらってたワタクシ。

休日もキチンととれて、日常が戻ってきたはずなのですが…

アキマヘン… すっかり セッコケになってしまって…

主婦に戻れなくなっております。

困りました…


食事を作るも、面倒で…洗濯ぐらいはしてますが…はあ〜

ズボラが続くと、心まで荒れてきますね〜

キッチンの汚れた鍋や食器をモクモクと洗いながら、
さすがの旦那にも尻を叩かかれ、「しっかりしろ。生きてるか?冬眠中か?」
と、生存確認おされています。


もうすっかり、燃え尽きてしまってまるで生活半ニート状態(仕事には行ってる)

そろそろ、現実の生活に戻らなくては…

今日は何だか分らない書き込みになりました。


家事を楽しくこなす丁寧な生活がしたくなったら、帰ってきますね〜現実生活に。
それまでは、手抜きのご飯と掃除で勘弁してね〜(いつになるのかしら?)

大丈夫。それでも生きていけるから。(オイ








 

激務、明けました。

ワッフル26



寒中お見舞い申し上げます。

いや〜、忙しかった。
昨年末からかかっていた仕事が、年明け早々にイッキに激化。
休日出勤と早出と残業で、先週の金曜日まで激務でした〜

…で、仕事がやっと一段落したんですが、疲れが出たのか、
高熱を出して3日も寝込んでしまいました。

体力なくなりましたね〜 イカンな〜

仕事〜高熱〜回復の間、家のことは、旦那に頼んで…やってもらいました。
はい炊事・洗濯・掃除のフルコースでやんす。

私は仕事から帰ると、旦那があったかいご飯と、お風呂を用意して待ててくれる状態で…。

ぶっ倒れたら、倒れたで、体をふいてくれるわ、ご飯運んでくれるわ…

貴方は、私のお母さんか?

ありがたいやら、申し訳ないやら…。

今月は、先月仕事頑張ったから、財布もホクホク。

助けてくれたお礼をしなくちゃね。

とりあえず、旦那の大好きなワッフルをごちそうしました。(上写真)


 

2014バラのアルバム02

Aプチトリアノン01_26小

プチトリアノン再び

2014庭のアルバム01

Bプチトリ_ネモローサ02小

ダブって載せてたらごめんね。

プチトリアノンは、ウチの庭では最強のバラ。

今年もすごい咲きっぷりでした。

病気にも強くて、黒点病にもあまり罹らず、
葉っぱも秋遅くまで健在。

秋の花も楽しめます。

北国では、春先の凍害の影響が大きく、いくら冬囲いをしても、
耐寒性が普通〜弱いバラは枝が枯死してしまいます。


その中でも、プチトリアノンは、枝の寿命が長いです。ピークは2年目の花枝ですが、4〜5年目の枝でもクラウンから30cmぐらいの長さで管理するとそこから良いシュートを出して立派な株に成長します。
葉っぱが夏〜秋にかけても、黒点になりずらいので青々としていて、庭木として扱える頼もしいバラですね。

バラの育成も経験を積んでくると、色々理解が深まっていいですね〜。

私にとって一番の成果は『シュートには耐久年数がある〜更新時期が解る〜』ということかな。


ここで育つほとんどのバラは、3年目の枝から枯死率が高くなるので、1年目、二年目の枝を大事に育てるようにしてます。

以下思いつくままに…

◎プリンセス秩父は、耐寒性が弱いためか、3年に一回はげんこつ剪定。クラウンは大きくなるんだけど、さっぱり主幹が立派に成長しません。

◎マチルダは、シュートが太くて立派だけど、これも比較的更新が早くて次の主幹を考慮して育てる必要がありますね。

◎ダビンチは、寒さにさらされ続けた枝からは新しい芽が出にくくなり、どんどん固くて太い枝に成長。で、根本からボッキと折れやすい。だからシュートが伸びだしたら早めにピンチして、なるべくしなやかな中くらいの枝を増やす。

◎ミサトは、耐寒性は十分あるけど、枝先が枯死することが多い。花は1.3mぐらいの場所に咲くので、ベストな高さの枝を多く作れるかポイント。

◎ジュノンソーは、3年目の枝から枯死するが、毎年根本からビュンビュン棍棒の様なシュートをたくさん伸ばしたくるため、遠慮なく古い枝は剪定できる。ただし、シュートは早めのピンチで小指ぐらいの枝を発生させるようにすると誘引が楽。

◎イングリッシュ・ヘリテージとジュードは、枝は縛るだけで冬囲い無しでも平気。深く剪定すると一番花の開花が遅くなる。(今年は高めの剪定で早く咲きすぎた)

◎スノーグースは、年数が経つにつれて、長いシュートも1.6mぐらいまでなら枯死しずらくなった。でも、たぶんシュートの寿命はもって4年ぐらいで更新を考える。

などなど…

先週、寒肥を施しました。内容は1本あたり、『ブラドミン5→160g、発酵油かす→150g、バーク堆肥2リットル』。通年より多めですが、周りの中耕をっしかりしたので、良い結果が得られるのではないかと期待して。

更新頻度が少なくなっていますが、
夏の庭のアルバムとして写真をアップしておきたいので、随時更新していきますね〜







開墾ガーデン26

開墾ガーデン秋26_edited

秋の訪れは、とってもノスタルジック。
開墾ガーデンの植栽も少し大きくなりました。

つい最近、念願のタブレットを購入。
写真は、タブレットのカメラで撮影。

ソフトにいろんなフィルターがついていて、
アレンジも簡単です。

レトロっぽいフィルターを使ったら、よけい古びた感じに。

雰囲気だけが誇張されて、ほんとに山の中みたい。

まだ、粗削りな開墾ガーデン。

今は小さい植物も成長に伴って、植え替えが必要です。

それもまた楽しいわ(´∀`)
Profile
お庭づくりの参考にお勧め。
素敵なブログがいっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

  • ライブドアブログ