Maple Garden ☆ Begins!

ガーデニングビギナーダイアリーは新タイトルに。 相変わらず雑草に負けないガーデン作り。

大きな栗の木の下で花粉症

09 大きな栗の木の下で花粉症


大きな栗の木の下で

七月は、家の前の栗の木がたくさん花をつけます。

この花の花粉が厄介。外に干す選択ものにはこの花粉がシッカリついてくるし、二階の窓のすぐそばまで枝が伸びている大木なので、この季節は窓も開けるのを躊躇するほど。さらに花が散るとその花柄を片付けなくちゃなんないわけです。去年は思い切って枝払いをしてもらいました。花壇の近くにある木なので日当たりも悪くて…

でもいいこともいっぱいありますよ。秋には栗拾いができる。リスが遊びにくる。木陰の茂みではキノコがとれる。それ、すべてうちの玄関の前。そうそうそ枝払いする前は日陰の花壇でキノコが採れました

しかしこの時期は時期はずれの花粉症に襲われるのです。持病の喘息も悪化。気管支がぴーぴー鳴り出して体調が悪〜目もかゆいし、鼻もむずむず。体調管理には気の抜けない時期です。

今日は、畑のビニールハウスのビニール張りをします。ほうれん草の兼業農家である我が家の大切なお仕事です。そのあとは、バラのナーセリーを見学にいってその近くの温泉いく予定。日曜日を満喫してきます

栗の花


白

白いバラのお話

08白いバラのお話


白バラ1

クレマチスから横取りしたオベリスクのもと、白いバラがスクスクと成長し花をいっぱいつけました。

残念なことに、ラベルの無いものを購入したため名前が不明。半ツル性でフロリバンダローズのような咲き方をします。咲ききった時の花の大きさは8センチ位かな?大輪です。弁慶咲きからイングリッシュローズみたいな丸い形に咲き進んでいきます。四季咲きで、今は花柄を積んでしまいましたが、次の花芽をたくさんつけています。

雨が続くと葉っぱが白くなるうどん粉病にかかりやすくて、マメに薬品を散布しています。そのわりには成長の勢いがあって逞しさを感じています。

うちの庭でもこんなバラの写真が撮れるなんて、夢のよう。写真は六月中旬ごろ。まだ入梅する前です。最近は背の高い宿根草の支柱立てに追われて、バラはほったらかしですが…。

ところで、バラの散った花びらはその後どうしています?花柄つみしていくとかなりまとまった数になるし、綺麗なので捨てるのがもったいないなぁって思うんですが、みなさんどうされているのでしょう? 

白バラ2


つぼみ4

07 つぼみ


白バラのつぼみ

六月初旬。今にも咲きそうなバラのつぼみ。お爺ちゃんと二人で花屋さんにいって選んで来た白いバラです。残念ながら、ラベルが付いていなかったので名前がわかりません。四季咲きの半ツル性のものみたい。うつくしいぃ〜。また庭に彩りを添えてくれるので、わくわくしてます。庭を造りはじめてから、いちばん楽しんでいるのは庭を一日中眺めていられるお爺ちゃんかも。「草花だけじゃものたりないから、パラや花木も植えたらいいよ」とアドバイスをもらいましたよ。草取りも手伝ってくれるし、大助かりしてます。このバラに、クレマチスは慣れ親しんだオベリスクを横取りされてしまいましたが……綺麗だから許すとしましょう。

定植時の白バラ

六月の庭全景

同時期庭の全景です。ブロック積みも完成まであと一歩。植物達も大きくなりました。始めたころに比べると大分にぎやかです。

ガーデニングって工夫次第で以外と低コストで楽しめる趣味だなぁって思う今日この頃。綺麗な花が嫌いな人って少ないから自分も他の人も楽しめるところが素敵だし、なにより条件さえ整えてあげれば「自分で成長する」ところが好き。

庭から元気をもらって、今日も頑張ります。


原野物語?

06 原野物語?


啄木鳥

リビングの前の栗の木に、啄木鳥の赤ゲラさんがお引越ししてきました。この巣の高さ、なんと地上150センチのところにあります。私の肩ぐらいの高さです。

こんなとろろに巣を作ってしまったら、アナタのプライバシーが丸見えです。ここの前は直ぐそばを家のものが頻繁に行き来するんですけど…。たしかにウチはご近所には無頓着で、実害は与えませんが、そんなに無防備に安心されても…。

これには、旦那もお爺ちゃんもびっくりしてます。だって赤ゲラって森林の中で生息しいてるものじゃないの?無事に、繁殖と子育てができるんでしょうか?

私、この巣の前で、コンクリート練ってるんでけど(。・ω・)ノ゙

余計なお世話かと思いますが、隣人として今後の行く末を大変心配しております。。 啄木鳥じたい珍しい鳥なので、それが近くで子育てしてるのを見られるのは貴重な体験? 驚きと興味と微笑ましさと心配と…とっても複雑な気持ちになっちゃいました。 あんまり刺激しないようにそーっっと、見守っています。

キャットミント

 

  • 【ブルー・キャットミント】 シソ科 多年草
  • 花期  四季咲き
  • 耐寒性 東北で地植で冬越し可
  • 特徴  ブルー花
  • 草丈  15cmで這性
  • 日当たりと水はけ、風通しの良い所を好みます

 とっても丈夫なキャットミント。

真夏は中が蒸れやすいのですこし茎を透いて上げるといい感じ。ウチのは元気が良すぎて植える場所を考えないと周りの草花を駆逐してしまいまいます。今年は植え替えて更に丈夫なパティオローズの前に移動したので一安心。さすがハーブ。香りも清々しい。蜂や蝶が遊びに来ますよ。

写真は六月の初めあたりの頃。 啄木鳥の巣は五月の下旬に発見。ブロック積みに夢中で隣で巣作りしてたなんてまったく気がつきませんでしたよ〜。まいった・まいった( -д-)ノ


そろそろ花壇の話

05-3五月のバラ周辺

  • 【ダイアンサス】ナデシコ科
  • 常緑性、多年草
  • 耐寒性 東北地方で地植で冬越しできます。
  • 日当たりで水はけのよい土を好みます。
  • 草丈20センチ〜25センチ
  • 香りが強い

 DIYは旦那にお任せ〜。

私は花壇を頑張ることにしました。

上の写真のダイアンサスのお話。

去年自分で種まきしてここまで育てました。
5月下旬は花壇の主役です。

本当はどこにでもある地味な花なんだけど、
ウチの何にもない花壇には無くてはならない存在です。

でも、香りがキツイ〜(*△*)。これは予想外。

 後ろに見える青い花は、宿根ビオラとペンステモン。

その奥にはシモツケゴールドマイトと班入りのエレガンシテマ(だったかな?×2)

庭も草花ばかりじゃ、なんだか骨格がなくて締りがないので、
花木もまだ小さいけど植えてみました。
05-1ペチュニア花壇
雑木も植えたい。夏椿とか、ジューンベリーとか。o(^-^)o

庭の中央の花壇です。

 ど真ん中にクレマチス・ブルーエンジェルを植えてます。

本当はオベリスクに絡めてたんだけど、
それは新しく植えた白バラに横取りされてしましました。

仕方なく野菜用のU字型ポールを二組み合わせて
(なんちゃって・オベリスクと呼んでいます)使ってみました。
キュウリ用のですよ(笑)。

今年、ペチュニアのセルトップ苗を120本!!!大奮発。

この花壇にはペチュニアが50〜70本植えてあります。
ペチュニアは、あまり色が好きじゃないんだけど、
とにかく隙間をあまり作りたくなかったし
リーズナブルな価格だったので、妥協しました。

このときはまだ庭に定植したばかり。
土の上の白いものはマルチング用の十和田砂です。

土壌改良剤としても優秀なんですよ。

水はけの悪いところの改良にお勧め☆☆☆

まだ完成してない花壇と庭。近くで見るとすごく
チープで雑然としてます。
 DIYと同時進行。先は長そうです。
頑張ってる割に、決してお洒落ではないのが残念。
くぅぅ〜。。。

でも、花が元気に育って咲いてくれることが、
嬉しくて(^-^)。また頑張っちゃうのだ。
05-3ペチュ



DIYブロック積みしますぅ。

4回めのシラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【シラン】 宿根草 ●花期:5〜6月 ●花の色:ピンク、白、赤 ●耐寒性 寒冷地で外で冬越しできます。2〜3年に一度、株分けか植えかえをします。やや湿っぽい土でも大丈夫で、日当たり〜半日陰で生育。近所のおばあちゃんに、株を分けてもらいました。 それからどーしたDIY ブロック積みの開始は、墨付けから。図面から実際の位置を割り出してマーキング。「おーい、そこ抑えてろよー。」まるでメジャーのような墨つぼから糸を引き出して、一辺の端から端へ引っ張る。その位置にあてて糸をピンと張って…、「いーかー。つけるぞー。」糸をつまんで、ぱっちん。。へ?弾いて付けるの? へぇー、知らなかった。。。ちゃんと墨がついてるよぉ。。 (実は初めて、実際にやるとこを見た)考えた人、頭いいーね。
次に活躍したのは、水平機。DIYの必需品です。ブロックは水平に置いていかないとガタガタになって安全性も損なわれます。神経を一番つかうのは、この作業。 ぬらしたブロックに接着剤がわりの モルタルを丁寧にもって 水平機で確認して水平を保つようにします。 ゴム製のハンマーで軽く叩いて、 モルタルの厚みなど調整。なれないうちは一個のブロックを積むのに20分ぐらいかかってました。 04ブロック2
04ブロック1

 

 

 

やっと、一段目が積み終わりました。作業は旦那が家に帰ってきてから夜九時ごろまで。ライトの付いた帽子(?)を装着してやってたから多少暗くても作業が出来るらしいです。DIYスイッチが入りっぱなしなウチの旦那。                   A型だから凝りだすととまんないんだよねぇ〜。                   私は、ブロック積みは見物。手伝おうとすると、邪魔にされるのよ。作業が終わるまで、ビールを冷やしてまってますか…。

04桜草04芝桜

 

 

 

 

この芝桜、植えつけた年には瀕死の状態に。理由は、畑の黒土のままの花壇に植えちゃったから。知らなかったんですよぉ。畑の土に花を植えてもよ育たないってこと。おまけに水はけも悪くって。最悪です。 このままでは悲しい。そこで土の勉強をして、土壌改良が始まりました。堆肥やら、腐葉土やら、パーライトやら、バーキュライトやら、十和田砂やら…。混ぜて、耕して、盛り土して…。ガーデニングって奥が深いなぁ。花にお金をかけるより土なお金をかけた方が、良い結果が得られるんですよね。今、やっとその努力が実って、綺麗な絨毯のよう(^▽^)/ 9僖櫂奪箸良庁桶瑤ら、今では株張り1屬砲覆訐いです。

私が嫁いで来る前に亡くなってしまった、旦那のお母さんが、今の庭があった所に植えた桜草。ここを花で一杯の庭にしようと思い立ったきっかけはこの花でした。大株で春になると見ごたえがあります。土の質を選ばない、優れものです。

3回目の花
この花、名前がわかりました。【ペンステモン・ブルーパックル】 ●宿根草で寒冷地で外で冬越しができます。 ●花期 6月〜9月   ●日当たりで水はけのよい場所を好む。 ●草丈約30センチ 株張り20センチ はぁー。。。調べてスッキリしました。今日は長かったかな? では、またね〜

DIYはつづく。3

3回目の花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

















 




宿根草。カンパニュラの一種?
名前がわりませーん(@△@) 調べてみます。

ブロックを積む基礎は完成。

最初の穴を掘るときにすでに段差をつけて掘り、
砂利を入れてならしました。

もちろん一番最初に簡単な図面も作ってやったので
今のとこ狂いもなく順調。なんだか本物らしくなってきました。
穴を掘ってる時って、少し心配だったんですよ。

先の見えない労働はいやだーっって思うでしよ。

実態が見えてきてちよっとは安心したところです。

お次は、材料費を少し浮かせるためと、
更にその上に約ブロック1〜2段分の高さになるように
稼動式の型枠を作ってコンクリートを流していきます。

稼動式にしたのは、コストを削減のため。

型枠ごときにお金をかけたくありません。
流しては固まるまで待ち、はずして次の所へいってまた流す。
時間がかかかります。
3-2DIY3-3DIY

 

 

 



3-4DIY











金色の朝日が眩しー。

コンクリートの型枠工事が終了したところです。

この庭の周りの野趣あふれる景観にお気づきでしょうか。
我が家の立地…は普通の住宅地ではありません。

簡単にいうと、雑草が生い茂る「原野」の中の1軒屋。

良くいうと北海道ではありませんが、

「北の国からのテーマ」が流れてきそうなまさにその感じ。

敷地には野生の狐の親子や雉が生息しています。

居間の前の栗の木には、啄木鳥が来て巣を作っています。

ここの暮らしに慣れるまでが大変でした。

このことについてはまた後ほどお話します。
 
なんだか、さっぱりガーデニングらしくないガーデニングの
ブログになりつつありますが、これに懲りずに
宜しくお付き合いをお願いします。

 さて基礎工事は、コの字の庭を一周して、
いよいよブロック積みに移ります。ではまた。
3-5DIY

雪どけとともに DIY

宿根ビオラ

 

 

 

 

 

 

 







宿根ビオラ 北国・豪雪地域でも地植えで冬越し可。

雪どけとともに今年のガーデニングが始動。


19年の庭最初










最初はこの通り。
庭か?これ?ってところからの気の長いスタート。

去年の春に今まで畑だったところに庭作りを思い立って、
業者に依頼して整地をしてもらいました。

ただ持ってきた土が裏の畑の土。盛り土に土留めなし。

花を植えるところだけ土壌改良して、
一年間そのままにしてました。

だから今年は庭の形を完成させたかったので、
整地したところに土留めのブロックを積むことに。

02土台づくり








計画では第一期工事でブロック積みまで。
第二期工事で、ラティスフェンスを立てる予定。

それは、来年になりそうですが、焦らない、焦らない。

この工事はすべて自分達でやっています。

 旦那が少し腕に覚えがあるので、すごく助かってます。

土留めの工事は穴掘りから。ウチの庭は8m×9m。
そのうち土留めが必要なのは、3辺のみですが、
それでもその長さを60cmの深さに掘るわけです。
 
これがシンドイ。 ガーデニングなんて

優雅なもんじゃありません(@△@)

さらに工事は進みます。
 
できるだけ正確な位置だしがこの時点で必要だったので、
水糸を張って杭をうちました。

 もちろんブロックを積むために必要な
鉄筋の位置もこのときに出しておきます。

 掘った溝に砂利を均して敷き
上からコンクリートを打ちます。

コンクリート練る作業は私が担当しましたが、
筋肉痛で3日間苦しみましたよ〜

まだまだ試練は続くのであります。


01穴掘り









はじめまして。ブログデビューしました。

バラ プリンセス チヂフ

 

 

 

 

 

 

 









ガーデニング三年目の我が家にやっとバラが咲きました。
庭の完成にはほど遠いですが、
一生懸命育てた花が元気に咲いてくれるとうれしくって。
それを励みに、日々スコップとツルハシを片手に頑張っています。
マイペースな我が家のガーデニング。
日々思うことを書いていきたいと思っています。

Profile
お庭づくりの参考にお勧め。
素敵なブログがいっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

  • ライブドアブログ