Maple Garden ☆ Begins!

ガーデニングビギナーダイアリーは新タイトルに。 相変わらず雑草に負けないガーデン作り。

八甲田へ〜嶽きみ、うまい〜

37八甲田へ 〜嶽きみ、うまい〜




037-01酸ヶ湯

 

 

 

 

 

 

 

 

 















 

 

 

さて、私たちは奥入瀬を抜けて八甲田ゴールドラインといわれる、国道103号を青森方面へと北上。 
 ここから八甲田さんの山懐へ入っていくわけ。

とにかくこの道のこう配とカーブのキツさには、八幡平のアスピーテラインでならした私達でも、手に汗を握るほど。
だいぶ整備されてきたとは思うんですが、一部えらく狭いところもあったりして…。
ドライバーは樹海の美しさを堪能する余裕がありません。
運転してたのは姉。ご苦労様です。


最初は奥入瀬から分かれた蔦川にそって道は進みます。            
 蔦川の畔には、鄙びた風情がある「蔦温泉」があります。
湯船の底から源泉が湧くいてて、これぞ源泉かけ流しの温泉。
「浴衣の君は すすきのかんざし〜」って吉田拓郎の歌「旅の宿」ってご存知ですよね〜。
あれの舞台の宿はここがモデルになったそうですよ。
訪れた時には鼻歌でも歌いたくなる気分になります。

この道には他にもいい温泉があって…400年の伝統をもつ「谷地温泉」、
十和田湖温泉郷の湯元「猿倉温泉」、そしてほぼこの峠のような道を登りきった付近には
全国的にも秘湯で有名な酸ヶ湯があります。                    
ここまでくるとツンとした硫黄の匂いがして、温泉ファンにはたまらないです。  
 酸ヶ湯は開湯300年、古くから湯治場として青森の人々に親しまれてきました。
白濁したお湯の千人風呂はあまりにも有名です。
千人風呂は、混浴と婦人専用と時間帯を分けて利用されます。
混浴に抵抗があるご婦人は時間を調べてからどーぞ。
婦人用のお風呂もありますが混んでいると「イモ洗い」状態になるので、
温泉の風情を期待していくと、残念な結果になることもあるので注意ですよ〜  
 

ふっと近くの山を見上げれば、トレッキングコースを酸ヶ湯へと降りてくる人たちが目に入ります。
酸ヶ湯でトレッキングの疲れを癒すんでしょうね〜。         
疲れを癒したあとは、夏の終わりのこの季節しか食べられな取って置きの味覚。

そう、「嶽きみ」をがっつり頬張ってくださいな。                     
「嶽きみ」は、もともと「嶽温泉」という青森の白神山地付近で取れるトウモロコシのことをいいます。
これが、うまぁ〜い  甘みが普通のトウモロコシと違います。ものすごく濃い甘さでジューシー。
香りも豊か。歯ごたえから違いますよ。シャリシャリしてるんです。 
青森の山地の寒暖差が激しい気候の産物です。 この味はここでしか味わえないですよ。 

お盆をすぎると、青森の温泉地に出回ります。酸ヶ湯でもありました。
早速、みんなで茹で立てのアツアツをいただきましたよ。美味しかったぁ。
一本150円〜250円位でしょうか。ドライブのおやつに持って来いなんですよ。             
そういえば、この前テレビで萩本欽一さんが五能線を旅する番組をやってて、出てきましたね「嶽きみ」。
欽ちゃんはトウモロコシが嫌いなんだそうだけど、美味しいって食べてましたよ。

037-02城ヶ倉橋   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 















 

マイカーは続いて、城ヶ倉大橋へ。
103号線をさらに進んで、黒石市方面に抜ける国道394号へ。
曲がってすぐのところにこの橋があります。日本一の規模を誇る上路式アーチの橋。
下に広がるのは城ヶ倉渓谷。落差はどのくらいあるんでしょうか。スケールが大きくて、壮観です。
秋の紅葉は格別の絶景が広がります。


 103号に戻って青森へ。この間には、八甲田連邦を一望できる八甲田ロープウエー。
明治35年に起こった、八甲田雪中行軍の悲劇を伝える、後藤伍長の遭難記念像。(遭難現場を背に青森市に向かって立っています。) 
そして、三杯のめば長寿できるといわれる三杯茶を振舞う茅野茶屋。  
と…この道は見所がたくさん、しかもすべてがドラマテイク。      
八甲田雪中行軍記念碑に初めて行ったと時は、事前に小説「八甲田山」を読んで下準備に抜かりが無かったせいか、後藤伍長の像をみて涙ぐんでしまいました。(しばらく後藤伍長がマイブームになりましたが)


037-03浅虫

 

 

 

 

 

 








 

長い道のり、やっと青森市へ抜けてました。
市場で、旦那へのお土産を買いもとめ(宝石のようにキラキラ光る筋子)、マイカーは終着・浅虫へ。
もう夕暮れ時でしが、海が穏やかで素敵でした。

ココまで来て、元気なのは子供達だけ。
海岸を走り回りの、はだしで海へ入りの、永久電池でも付いてるんじゃないかと思うほど。                 大人はぐったりしながら、青森の大きな夕焼けを見て…「青森の夕日は海に沈むから大きく見えるんだねぇ。
うちのほうだと岩手山に夕日が沈むから、小さいまま見えなくなるのかねぇ。」
などと他愛のない話をしながら、長いドライブを終えて、東北自動車道を南下。
帰路へつきましたとさ。 

どんとはれ〜

十和田湖・奥入瀬

36十和田湖・奥入瀬




035-01十和田湖

 

 

 

 

 









 

 

035-02奥入瀬1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 















 

8月に、青森方面へ実家の家族と、ドライブにいきましたよ。               

今日の記事は長いです。  

ガイドブックのような中身ですが、よろしかったら行楽の参考にどうぞお役立てくださいまし。

本当に長いし硬い文章なので、疲れると思うので、写真だけ見てって下さってもいいんですよ〜 

いろんなガイドブックの受け売り感も否めないし、へたくそな文章なんですが、こんなような長文の解説を文章の練習のためにたまに書いています。どうかお気になさらずに(^△^)



十和田湖、奥入瀬渓流へ。
古木の樹海の中に佇む
の紺碧の湖、                 
そこから流れ出す清流を堪能して。 

向かった先は、十和田湖から奥入瀬を抜けて、八甲田を越えて青森市、浅虫へ。 このコースは十和田湖と八甲田山へ南からアプローチする人気のドライブコースだ。 


紺碧の十和田湖を見渡す三大展望台
 
東北自動車道小阪インターから、十和田湖まで新しいく出来た「十和田大館樹海ライン」を通って、まず向かった多のが発荷峠展望台。十和田湖をここから眺めると、こちらを正面にして綺麗なVの字を描きながら進む遊覧船が、まるで水鳥のように見えて、湖面の美しさをいっそう際立たせくれる。                                             十和田湖には六つの展望台がある。そのうちの三大展望台の中でも、特に発荷峠展望台は、樹海ラインの終点に位置する好立地で、前方奥には雲がたなびく八甲田山の外輪山が、後方には八甲田の櫛が峰が見渡せる、絶好ポイントにあるのだ。他の二つは、滝ノ沢展望台と御鼻部山展望台。 滝ノ沢展望台は、弘前方面からのアクセスが多く、ブナの樹海を抜けた十和田湖北西部の高台にある。御鼻部山展望台は、三大展望台のうちで一番標高の高いところに位地し、湖の形が一望でき天候に恵まれると岩木山まで見ることが出来る。

ところで湖の岸には、休屋や遊歩道、ホテルやレストラン、キャンプ場等があり小さな子供がいるファミリーでも楽しめるようにもなっている。晴れた日の湖面の輝きを目にしながら、湖畔のカフェでコーヒーを頂くのもいいし、芝の上でお弁当もいい。   とはいうものの、日本でも有数のカルデラ湖で、随一の透明度を誇り、紺碧な湖面を持つこの湖の美しさを堪能するには、やはり先の展望台からの眺めに勝るものはない。 新緑のころも美しいが、深紅の光彩を放つ紅葉の季節は、その凛とした澄んだ空気に映える山々の美しさは格別なのものだ。


古木の樹海を深く刻み込むように流れる清流・奥入瀬と瀑布街道。 
発荷峠を下り、湖畔岸の休屋を抜けて子ノ口へ。ここからは奥入瀬瀑布街道と呼ばれる、奥入瀬渓流の遊歩道のずく側を通る国道102号へ進む。       
奥入瀬は、十和田湖の子ノ口から蔦川へ合流する14キロに及ぶ渓流。    
古木の樹海を深く刻み込むような一筋の流れが、大小の滝や、巨大な岩、深い緑に苔むした巨木などとぶつかり、白く激しいしぶきと共に彩りのある、美しい景観を醸し出している。      

奥入瀬の数ある滝の中で唯一、本流にある名瀑、それが銚子大滝。       
奥入瀬は十和田湖から流れ出す清流であるが、そこに鮭の遡上を阻み続けてきた滝として知られている。
 白い水しぶきを上げ豪快に流れ落ちる様が、樹海の濃い緑に映えてまさに圧巻。他に阿修羅の流れなどの様々な景勝がある。   

新緑から秋の紅葉の時期まで、奥入瀬に沿うように作られた遊歩道には、トレッキングする人たちや、マイカーの観光客が耐えない。  
かくいう私もいつかトレッキングをしててみたいと望んでいる一人。(なかなかな実行にはいたらないが…) ドライブは年に1回ぐらいのペースでいっている。ここに来ると、深い樹海の生命力を間近に感じるためか、ふつふつと力が漲ってくる。そんな、神聖な清らかさを湛えているのだ。

シーズン真っ只中の8月は、予想どうりの混雑ぶり。でもそのことが気にならないほどの、清涼とした景観が堪能できる。

 

更に我々は、十和田ゴールドラインに進み、八甲田へ赴いた。


035-03奥入瀬

返り咲の白バラ

35返り咲の白バラ




035-001

 

 

 

 

 

 

 

 















 

 

 

 

クライミングローズの白パラが返り咲いています。枝が太くって2メートルも伸ばしてるんですよ。誘引はとても無理。花が終わるまでね剪定は待つことにしていますが、この枝だけビロ〜んとして、滑稽です。綺麗な花なのに、もったいない。

ここでカメラの話を少々。

写真撮影は、コンパクトデジタルカメラと携帯電話のカメラで行っています。どちらも接写モードが付いているので、こんなふうに近寄って撮影可能なんです。F値もある程度開いてとれるモード設定になっているようで、難しいことを考えなくてもよいので、気軽に撮影しています。

前は、手持ちカメラはニコンのF2というフィルム一眼レフカメラを使って、撮影していました。だから、少しはカメラの腕に覚えがあります。

結婚してからまた写真にかかわることはないだろうと思っていましたが、昔とった杵柄といいましょうか、またやってみたくなりました。デジタル一眼レフカメラ、安いのでいいから欲しいです。

家電量販店で物色していて気がついたんですが、フィルムカメラと比べて絞りやシャッタースピードの設定数値の範囲がやたら狭くない? ISO感度が調整できるようらなったから、狭くても大丈夫ってことなのかなぁ? その辺の疑問が解消されれば、すんなり購入に踏み切れるんですけどね。(お金の問題もありますが…それは時間が解決してくれるでしょう。)

 

返り咲のパティオローズ

34返り咲のパティオローズ




33-01パティオローズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 













 

パティオローズが返り咲いています。写真では綺麗に見えますが、後ろは茂みです ふー。。 今日は比較的にゆっくりしているので、気候も穏やかになってきたし、久しぶりに庭のメンテナンスをじっくりやりたいですねぇ〜。

今まで、秋の花壇や庭について、あんまり考えていなかったんですよ。お盆が過ぎれば花壇は終わりって感じにしてました。 でも秋にも楽しめることが、やっと分かってきて…。ようは夏の終わりにどれだけお手入れしたか。それにかかっているんですねぇ。(いまごろ気がつく、おばかさんですが。) 茂みの中では、ベロニカやペチュニアが元気を取り戻して頑張っています。 早く茂みの中から開放してあげないと…。 

そして、最近のこのブログ、「茂みオチ」が多くて… そこから脱却するぞー

 

セラスチウム

33セラスチウム


033-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

033-02

 

 

 

 

 

 

 

セラチウムです。花壇のふちどりに植えてみました。六月頃はとても良く咲いていて、シルバーの葉に白い小花がたくさんついて、可愛いかったんですが、夏の暑さに蒸れてしまったのか、今は真ん中から枯れてしまっています。  大きく広がって葉っぱがいい感じのグランドカバーだと思っていたのに、残念。 少し軽砂を大目に入れて、もっと水はけよくしたほうが良かったのかも。場所を変えて若干高めに植えてみようかな。切り戻してみましたが、まだ復活していません。たぶん来年は期待できそうにないなぁ。ふぅ

花壇の縁取り兼グランドカバーであれば、常緑の宿根草がいいです。要検討です。

セラスチウムの奥に見えるのは、班入りのシレネ。これは写真を撮る前にクリサンセマムに駆逐されて、なくなってしまいましたとさ。難しいなぁ。

さて、さて、遅ればせながら…残暑厳しい中、お庭メンテナンスに勢を出している、親愛なるガーデナーの皆様。憧れのお庭を実現・維持しいてくため、草取り・きり戻し等、ともに頑張りましょう

  • 【セラスチウム】ナデシコ科 多年草
  • 耐寒性 強 東北地方で地植えで冬越し可
  • 草丈 10cm〜15cm
  • 花期 5〜7月
  • 日当たり 水はけの良い肥沃な場所に植える
  • 高温多湿に弱いので、夏場は蒸れに注意
  • 葉色がシルバーなのでカラーリーフとしても好まれる

 

クリサンセマム

32 クリサンセマム


032-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリサンセマムです。去年、種から育てて庭に定植したまのが、コボレダネでいっぱい咲いてます。夏の暑い時期は枯れてしまうかな?と思っていたら、ナンのソノ。花柄を切り戻しただけで、少し花が小ぶりにはなりましたが夏越ししました。とっても丈夫です。この花のコボレダネ9月に入るとあたりに芽吹いて、10月には勢いよく返り咲ます。じゃまなところだけ抜いておけば充分楽しめて大変重宝ですよ。今年は暑かったのに、負けずに頑張りました。暑いと何もしなくなる私は少しは見習ったほうがいいかも…。

難点が一つ。この花の花粉で、喘息もちの私は発作を起こしてしまいます。だから触る時はマスクにゴーグルは必須。準備万端でのぞんでます。そうまでしても、大事にしてるのは、自分で種から育てた子は可愛いいからどちらかといえば素朴な花だけど格別です

これ一緒に種まきしたビオラは、本葉が出てきたばかりのころに、ネズミのチュー吉に綺麗に食べられてしまいました ショックでしたよ〜よくチュウ吉は冬用のジャガイモを食べちゃうんですが、まさか花の芽まで食べてしまうとは…。そばにクリサンセマムの幼芽のポットもあったのにそちらには無傷でしたので、胸をなでおろしました。          後でチュウ吉にお仕置きをしてくれた、旦那曰「その花、美味しくないんだよ。」だって(。・ω・)ノ゙

  • 【クリサンセマム・ノースポール】キク科 一年草
  • 耐寒性 中 東北地方では外で冬越し不可
  • ※ただし、コボレダネで毎年生育する
  • 草丈 15〜25cm
  • 花期 5月〜6月 9月〜11月(東北地方)
  • 日当たりで水はけのよい土を好む

カンパニュラ

31 カンパニュラ


031-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンパニュラです。でも品種が判らなくなっちゃいました。花の大きさは2cmぐらいで、長い穂のような茎に沿うように花がつきます。草丈は1mく゜らいでしょうか。株がコンパクトでスラッとした感じです。         カンパニュラといえば、ご存知「銀河鉄道の夜」の主人公の名前が、花よりも先に思いつきました。イーハトーブの住人としてはぜひとも一株欲しくって。ただ、花期が6月〜7月のが多くて、9月ごろまで咲く花期の長いものはホトンドない状態。やっと、とあるナーセリーで数種類の品種を扱っているところを見つけて…。ありました、初秋まで咲くカンパニュラ。好みをいうともっと花が大きいものも良かったんだけど、「家の庭に咲くものは壮健種に限るという」へんなポリシーに従うことにしてコレを選んだんです。色が気に入ってます。もうちょっと庭が充実してきたら、コンテナでベルフラワーとかメイピンクとかの可愛らしい品種を育てることにしたいな(^△^)

  • 【カンパニュラ(ツリガネソウ)】 キキョウ科 宿根草
  • 耐寒性強  東北地方で外で冬越し可
  • 開花期 この品種は7〜9月 一般的には6月〜7月
  • 草丈  約80cm〜1m
  • 花径  約2cm


031-02

ベルガモット

30 ベルガモット


30ベルガモット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お盆休みも終わりましたが、まだ、ぼへーっとしています。我が家の庭は、草花と雑草と庭木が生い茂り、診るも無残な「茂み」と化しております。本来なら秋の花壇を楽しむために、せっせとメンテナンスに当たる時期なのかしら? 去年の冬から、こつこつ準備と計画を重ねてやっとそれらしくなった庭なのに、ココに来ていまさらナンで茂みになる ばったり力尽きてしまいそうですぅ(@△@) きっとこの辺が、ビギナーとベテランの力量が出るところなんですね…。落ち込みそう…。

こうゆう時ほど、マイペースでガーデニングをすることを意識しなくては。そうそう、誰かと競争しているわけじゃないし、「持続は力」「忍耐・その根は苦いがその実は甘い」のだ。永遠に小さな失敗と改良と成功を繰り返して、充実した庭になっていくに違いない(^▽^) 早く9月になって、庭に出やすくなんないかなぁ〜。

今日のお花はベルガモットです。ハーブなんですってね。どうりでスパイシーな香りがします。花の色は情熱的なカーマインレット。花の形が好き。きっと白でも魅力的な感じでしょうね。

  • 【ベルガモット】しそ科 多年草
  • 別名 タイマツバナ モナルダ
  • 耐寒性 強 東北地方で外で冬越し可
  • 開花 7月〜10月
  • 草丈 60cm〜1.5m
  • ハーブとしても良く好まれ、花や葉で作でハーブティーにしても楽しめる
  • そのオイルも鬱病や、口腔、皮膚、呼吸器、尿路の感染症などの治癒に利用されている



お盆の嵐

29お盆の嵐


今年のお盆は、とにかく忙しかった。前半は、実家に父方の親戚と私達を入れて兄姉の家族、全部で五家族が大集合。さらに兄の友人がロシアから来日していて実家に一週間ホームステイしすることになって…。全部で20人ぐらいが一軒に集まり、合宿所のようになった実家に11日から14日まで母の手伝いに通ってました。

15日はお墓参りで明け暮れ、16日・17日は我が家のお客さんのお相手。

ウチの旦那は長男なので、家にも旦那の兄弟家族が集まるんです。兄弟が多いからこっちもシンドイ。こちらも揃いもそろった6家族。(日帰りだったのが幸い) 長男の嫁は辛い、お酒や料理を用意して出したり、お土産の準備をしたり…。全部で17人をせっせと捌くわけざんす。冷蔵庫の食べ物もすっかりなったころ、やっとお開きになり各自帰宅(お開き後も飲んでる奴もいるし…)。

すでに私の顔に固定されたお嫁さんスマイルも解除される間もなく、次の日(18日)また実家へ。

今度は、ホームステイしている兄の友達(ロシア人)を伴って実家の兄弟と家族で青森へドライブ。(なぜかウチのワゴン車で)コースは十和田湖→奥入瀬→八甲田→青森の市場→浅虫。ロシアのお友達に気後れしている皆を尻目に、身振り手振りと一夜漬けのロシア語会話で、海の向こうのお客様に出血大サービス。体当たりの国際交流に心が通じたのか、その晩もビールをあおりながらのロシア・トウホク談義に花が咲き、翌日は見事に二日酔い。

もうクタクタ…で日曜日は家に帰って爆睡。月曜日まだ、ボヘーっとしなかがら仕事をこなして、火曜日、やっと今朝から日常を取り戻したような感じです。

旦那と二人の時間もしっかり作りましたよ。親戚が帰ったあと、ダッシュで映画「トランスフォーマー」のナイター上映を見にいきました。旦那の強いリクエストであまり興味は無かったんですが、特撮がものすごくて面白かったですよ。(癒しをもとめる人にはお薦めしませんが…)

まだ疲れが取れなくて、ガーデニングのこと考えている余裕がありませーん(@△@) とりあえず、ブログを再開ししてみました。テンションがもとに戻るまで時間がかかりそうです。

コメントを寄せてくださっている皆様、お返事遅くなって申し訳ありませんでした。

復活するまで見守ってい頂けると幸いです。今後とも宜しくお願いします。

 

花巻 大沢温泉

28花巻 大沢温泉


028-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花巻の大沢温泉にやってきました。山間の里の昔から湯治場として慕われている温泉です。ホテルと自炊部と菊水館の三つのエリアから構成されていて、菊水館と自炊部は昭和初期の趣がそのまま保存され今でも当時の様子を色濃くのこして利用されています。 また、文化遺産としても、この大沢温泉は貴重なトコロで、数多くの花巻ゆかりの文化人が好んで利用したことでも有名です。

温泉は源泉かけ流し。お湯が柔らかく、お肌がツルツルになりますよ。豊沢川沿いの露天風呂が有名(混浴)。ホテルの大浴場もオープンエアの半露天風呂で岩の湯船に腰掛けて川の流れを眺められます。(稀に釣り人が女湯の前を平然と通り過ぎていきますが…)

027-07

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

028-02

 

 

 

 

 

 

 

ホテルよりも個人的に、昭和レトロな自炊部が好きでよく日帰り温泉に訪れています。自炊部はもともと湯治場で、館内は自炊用の共同調理場があります。お部屋は襖で仕切られていて入り口は障子と擦りガラス戸。つくりもかなりレトロちっくで戦前の内装のままになっているようです。

028-03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものすごく懐かしい感じがして、夏は得にいいです。観光客もホテルではなく、わざわざみの自炊部の障子のお部屋に連泊して行く人でいつも満員状態。 実際に自炊する人も多く、売店では生活用品からちょっとして生鮮食材も売ってます。 

湯上りの散策も楽しくて、ピカピカに磨き上げられて木の床(フローリングとも違う。)や階段の手すりが、古き良き時代を彷彿とさせて、館内を気まま一回りするだけで和んでしまいます。

028-05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日帰り入浴用の休憩室は、狭いながらも落ち着く場所。二世代は使い込んだであろう巌谷堂箪笥などの家具が現役のままの様子で配置。レトロな電話や扇風機、鏡台なども趣があり、その時代へ迷い込んでしまったかのような感覚に浸れるから不思議。「懐かしさを大切にしたい」そんな気持ちにさせてくれる、温泉です。

028-06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯上りは、コレしかありません!!! ココで飲むとホンモノに出会える。まさにそんな感じのコーヒー牛乳。

Profile

めいぷる

お庭づくりの参考にお勧め。
素敵なブログがいっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

  • ライブドアブログ